ハイパー・スレッディングとは

スポンサーリンク

ハイパー・スレッディング(Hyper-Threading)は、ある命令を処理しているあいだに生まれる待ち時間に別の命令を割り込ませることで、CPUの処理速度を向上させる技術です。2001年にIntel社が発表しました。

スポンサーリンク

パソコンが命令を受け取って計算する回路をCPU(またはプロセッサ)と言います。CPUは受け取った命令を、スレッドという小さくて単純な細切れに分解して計算していきます。

CPUはこの計算をとても高速に行っていますが、どうしても途中で少しの待ち時間ができてしまいます。その待ち時間に別の命令を少し割り込ませて、わずかなタイムロスでも有効に使おうというのがハイパー・スレッディングです。

Hyper-Threading.jpg

ハイパー・スレッディング機能があるCPUでは、パソコンからはCPUが2倍あるように認識されます。実際の性能が2倍になるわけではないんですが、2~3割ほど処理効率が良くなるので、複数のソフトウェアを同時に使ったり、複数のスレッド処理に対応しているソフトウェアを使うときには、高速でスムーズな処理が出来るようになります。

パソコン用のCPUに初めてハイパー・スレッディングが使われたのは、「Intel Pentium 4」というCPUです。かつては高性能CPUの代名詞だったPentium 4ですが、ひたすら処理回数を増やして高速化するという力技を使うCPUでした。ただPentium 4は最初からハイパー・スレッディングを前提に設計されていたため、後にハイパー・スレッディング搭載版も登場しています。

このPentium 4までが、命令を計算する中核となる部分(コア)が1つだけの、シングルコアと呼ばれるCPUが全盛だった時代です。

Intel製CPUはコアを2つ持つデュアルコアや4つ持つクアッドコアなどのマルチコア・プロセッサが主流の時代に替わり、ハイパー・スレッディングも一度消滅しますが、2008年に登場した「Intel Core i7」で再びハイパー・スレッディングが復活しました。

その後は下位グレードとなる「Intel Core i5」や「Intel Core i3」にもハイパー・スレッディング機能が搭載されて登場しています。(※Core i5は一部のグレードで未対応)

特に低価格なパソコンに採用される「Core i3」にハイパー・スレッディングが搭載されたのは、ベーシッククラスの底上げという点で大きなメリットだと思います。

パソコンは裏でたくさんのプログラムが動いているので、低価格なパソコンと言えども少しでも一度に処理できる計算の量が増えたほうが、ストレスの少ないスムーズな使い勝手が得られるでしょう。

iconicon マウスコンピューター LuvBook F 301S icon

ハイパー・スレッディング機能搭載の第2世代 Core i3プロセッサーに4GBメモリで高い処理性能。低価格なノートパソコンながら最新のUSB3.0も装備するなど基本設計の高さも魅力。コストパフォーマンスに優れるモデルです。
販売価格:49,980円

スポンサーリンク