マウスの使い方・3つのボタンそれぞれの役割

マウスはパソコン操作の基本。でも3つのボタンの役割をちゃんと理解していますか?

このページでは、なんとなく覚えたマウスの機能を再確認しましょう。

スポンサーリンク

左ボタンの役割

left-btn.jpg

マウスの左ボタンは選択と実行を行います。

カチッと1回クリックすれば選択、カチカチっと2回続けてダブルクリックすれば、そのファイルやプログラムを開くための実行となります。

「そんなの当たり前でしょ?」と思ったかも知れませんが、普段何気なく操作していることの意味をちゃんと理解しておくことが、パソコンを理解するための知識基礎になっていきます。

「選択」と「実行」。この意味を覚えてください。

右ボタンの役割

right-btn.jpg

マウスの右ボタンは、そのとき使える機能のメニューを呼び出します。

メニューに表示される機能はソフトウェアごとに違いますが、そのソフトで頻繁に使われそうな機能が表示されます。

ブラウザ上で右クリックしたときと、デスクトップの何もないところで右クリックした場合では、表示されるメニューの内容は違います。

右クリックから呼び出せるメニューは、Windowsやソフトウェアのメニューを辿ることでも呼び出すことができます。例えばコピーや貼り付けなどです。

でも右クリックのほうが、サッと使いたい機能を呼び出せて便利ですね。今までウィンドウの一番上のメニューを開いてコピーや貼り付けをしていたなら、今度からは右クリックから行うようにしてみましょう。

ときどき右クリックからどんなことができるかを確認しておけば、余計なクリックの回数を減らすことができます。

右ボタンは、そのとき使える機能を呼び出す。これも覚えてしまいましょう。

ホイールボタンの役割

wheel-btn.jpg

ホイールはブラウザの画面を上下にスクロールさせる他に、Ctrlキーを押しながらホイールを上下に回すと、ブラウザ上のフォントの大きさを拡大・縮小することができます。

試しに、今見ているこのページの文字サイズを変更してみましょう。

Ctrlキーを押しながら、マウスのホイールを下にクリッと動かすと文字が大きくなり、上に動かすと文字サイズが小さくなります。

最近は小さなフォントのサイトが多くなっていますから、文字の小さなサイトを見るときには、この技をぜひ使ってみてください。

ただ、Webサイトによっては文字の大きさを固定している場合もあるので、どんなホームページでも文字サイズを変更できるとは限りません。

右ボタンやホイールボタンには、機能を追加したり変更したりすることができます。こうした機能を提供するフリーソフトがありますから、「窓の杜」で探してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク