Webページの必要な部分だけ印刷できるプラグイン「Print Edit」Chome編

仕事用の資料として、個人的な情報収集として、Webページを印刷する機会は割と多いのではないでしょうか?

たいていの場合は記事の本文だけが必要で、メニューや広告などは印刷範囲に含めたくないですよね?

そんな時に便利なのが、Webページから余計な部分を省いて、必要なところだけを印刷できる「Print Edit」です。

今回はGoogle ChromeブラウザにPrint Editをインストールし、Webページから不要な部分を削除して印刷するまでの手順を紹介します。

ChromeブラウザにPrint Editをインストール

「Print Edit」は独立したアプリケーションではなく、Webブラウザの拡張機能(アドオン)ですので、まずは入手するためにChromeウェブストアに行きましょう。

Chromeウェブストアが開いたら、ページの左メニュー上部の検索欄に「print edit」と入力します。

検索結果に「Print Edit WE」が表示されたら、右にある[+CHROMEに追加]ボタンをクリックします。

インストールの確認画面が表示されるので「拡張機能を追加」をクリックします。

この画面が出たらPrint Editのインストールは完了です。

Print Editで印刷に不要な部分を削除する

インストールが完了したら、さっそくPrint Editを試してみましょう。

Print Editを開始するには、Chromeブラウザのツールメニューに追加されたプリンターの形のアイコンをクリックする方法、キーボードのAlt+Pキー、マウスの右メニューからPrint Editを開く方法があります。

Chromeブラウザのツールメニューに追加されたPrint Editのボタン

一番手っ取り早いのは、編集したいWebページの上でマウスの右クリックから開く方法ですね。

編集したりページ上でマウスの右クリックメニューからでも開くことができる

Print Editが開くとWebページの上部に編集のためのメニューが並びます。

Webページ上でマウスを動かすと、段落や画像、広告、メニューなどブロック単位で構成されている部分が赤枠で囲まれるので、印刷に含めたくない部分をクリックして選択状態にします。

印刷に不要な部分をマウスでクリックして選択した状態。

この要領でページの中にある不必要な部分をどんどん選択していき、上部メニューの「Delete」ボタンか、キーボードのDeleteキーで削除します。

反対に、マウスで選択した部分以外を削除するには、上部メニューの「Delete Except」から「Unrestricted」を選びます。

選択範囲以外を削除するにはUnrestricted

この場合は、印刷範囲として残したい部分だけをクリックで選択しておき、それ以外の部分をまとめてゴッソリ削除することになります。

最近のWebサイトはメニューや広告などコンテンツ以外の部分が多くなっているので、記事だけを印刷するには、このほうが早いと思います。

印刷とオプションの設定画面

Print Editで印刷したい部分だけに編集し終えたら、上部メニューの「Preview」ボタンをクリックして印刷画面を開きます。

左側のメニューでは印刷するプリンターの選択の他に、PDFファイルとして保存するように指定することもできます。また「詳細設定」では上下左右の余白やカラー/モノクロ、倍率などを指定できます。

余白や倍率を調節すると、複数枚になるページをキリのいい範囲に収めてうまく印刷することができるので、詳細設定はドンドン活用してください。


今回はGoogle ChromeブラウザにPrint Editをインストールし、不要部分の編集と印刷までの手順を紹介しました。

編集画面の上部メニューについては私自身も十分に理解していないので、基本的な手順しか紹介していませんが、ほとんどの場合はこれだけで事足りると思います。

また、当サイトではWeb上で印刷範囲を編集できる「PrintWhatYouLike」というサービスも紹介しているので、あわせてご覧ください。

ニュースや情報系のサイトを見ていると記事を印刷して保存したいことがあります。しかし、そのまま印刷しようとするとサイドバーや広告など不要な部分まで入ってしまいます。そこで紹介するのが、手軽に必要な部分だけ印刷できる PrintWhatYouLike.com というWebサイト。パソコンやWebブラウザにアプリケーションをインストールする必要はなく、記事のURL(アドレス)を入力すれば、すぐにWebブラウザ上で記事の不要部分を削除して印刷することができます。