バックアップ先の選択(メディアの選択)

バックアップ本来の目的からすれば、パソコンのハードディスク以外に保存することが正しい手段です。

このページでは、データのバックアップに適したメディアを見ていきます。

フロッピーディスク

iconicon

最も手軽なメディアはフロッピーディスクですが、保存できる容量が1メガ程度で、大量のデータは保存できません。

また、ノートパソコンにはフロッピードライブが省略されているモデルもあります。

それでも、ちょっとしたデータを保存したいときには、今でもでも重宝するメディアです。

ロジテック 2倍速対応USB外付型FDユニット LFD-31U2 icon

CD-RとCD-RW

iconicon

CD-Rは、現在もっとも普及しているメディアでしょう。価格も1枚あたり80円前後と手軽です。

保存できる容量は、650メガバイトから700メガバイトです。ハードディスク自体が数十ギガバイトと大容量化されているので、 すべてのバックアップには間に合わないこともありますが、個人での使用状況なら十分なことが多いでしょう。

CD-Rが基本的に一回しか書き込みができないのに対して、CD-RWは何度も消去と書き込みができます。 但しバックアップという性質から考えると、誤って消去してしまう可能性もあるのでお勧めしません。

Windows XPでは、CD-RやCD-RWへデータをバックアップするとき、メディアへドラッグ& ドロップするだけで保存することが可能です。その他のOSでは、メディアへの書き込みを行うライティング・ソフトが必要になります。

バッファロー IEEE1394&USB1.1対応外付C CRW-L40IU icon

スポンサーリンク

DVD-R

iconicon

片面4.7ギガバイトと、CD-Rに比べて約7倍の容量を持っています。バックアップするデータの容量によっては、 丸ごとバックアップすることも可能です。

アイオーデータ機器 USB2.0対応 高速デュアルドライブ DVR-UN16D icon

オンライン・ストレージ

オンライン・ストレージとは、Webサーバ上に自分のパソコンからデータを保存できるサービスです。

Yahoo! Japanでは「Yahoo! ブリーフケース」という名称で、 無料の会員登録をすると30メガバイトまでのデータを保存することができます。フロッピーには入らないが、 CD-Rに保存するほどではない容量のデータを保存するとき便利です。

設定によって、保存したファイルを他の人と共有することもでき、デジカメで撮影した画像などを親類・ 知人に見せたいときなどにも使えます。

NTTコミュニケーションズのオンラインストレージ cocoa

外付けハードディスク

iconicon

USBなどで接続できる大容量のハードディスクです。

200ギガバイト前後の容量を持つ外付けハードディスクが、1万5千円前後の価格で購入できます。データのバックアップも、 ファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするだけで簡単です。

大容量なので市販のバックアップソフトを使って、 調子がいいときのWindowsの状態をデータと一緒に丸ごとバックアップしておくこともできます。バックアップのメディアとしては、価格、 手軽さを考えると、最も適していると思います。

アイオーデータ機器 USB2.0/1.1対応 外付型HDD HDH-U250S icon

スポンサーリンク