バックアップするデータ

なにをバックアップするの?

バックアップ優先順位の1番目は「失くすと取り返しのつかないデータ」です。

あなたが作ったファイルや他の人から受け取ったファイルなどは、失くしてしまうと二度と手に入りません。最低限これだけバックアップしておけば、あとのものは手間はかかってもなんとかなります。

ブラウザの「お気に入り」や「ブックマーク」、そして今までせっせと登録してきた日本語入力ソフトのユーザー辞書もバックアップしておくといいでしょう。インターネットへの接続設定もバックアップをとっておきたいデータです。

Windows 98やMeでは、「コントロールパネル」から「ダイヤルアップネットワーク」を開いて、普段使っている設定をそのままフロッピーディスクなどにバックアップできます。元に戻すときは、バックアップした設定ファイルをダブルクリックで完了です。

しかしWindows XPでは、この方法は使えませんので、プロバイダとの契約書を見て再設定する必要があります。

インターネットへの接続作業は購入店の人に済ませてもらったという方が多いと思います。
初めて再設定をやろうとしても用語の意味がわからず戸惑うことが多いものです。

こんなときのために、プロバイダへの入会用CD-ROMを1枚用意しておくと便利です。入会用CD-ROMを開き、取得済みのIDなどを入力すると、インターネットの接続を簡単に再設定することができます。

入会用CD-ROMは、パソコンを扱っている量販店の店頭などで、自由に持ち帰ることができるように配布されています。お出かけのとき、自分が契約しているプロバイダのCD-ROMを1枚もらっておきましょう。

プロバイダとの契約書やアプリケーションソフトのシリアルナンバー、パソコンの保証書など、紙に記載されたデータは意外と失くしやすいものです。そこでお勧めなのは、「全部同じ箱に入れておく」です。

これはいらないだろうとかは考えずに、パソコンに関する書類は全部同じ箱の中に放り込んでおくんです。会員制サイトのユーザーIDやパスワードなども、登録後に送られてきた確認メールをプリントして同じ箱に入れておきます。

こうすれば、とにかく必要な書類は「この箱の中にあるはず」という状態になります。もしも業者にサポートを頼んで来てもらったときなど、書類がある場所さえ判れば、あとは業者がその中から必要なものを探してくれます。「判らないうちは下手に整理しない」というのも、逆に上手い整理の仕方です。


Acronis True Image 9.0
icon

ロープライスと使いやすい操作で定評のある「Acronis True Image」の最新版。9.0では、これまでの丸ごとバックアップに加えて、ファイル・フォルダを指定してのバックアップも可能に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク