CPUを検証せよ!「Sandy Bridge-E」ってなに?

Sandy Bridge-E

2011年11月、インテルから3000番台のプロセッサー・ナンバーを持つ新しいCore i7プロセッサーが発売されました。『Sandy Bridge-E』の開発コード名で呼ばれる新しいCore i7プロセッサーは、今までのものとどう違うのか?
おなじみの?「知っ得!パソコン塾」編集長と編集部員の会話で明らかになっていく・・・・
はずです。

Sandy Bridge-E キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
って感じっすね。首長くして待ってた人も多いみたいですよ。

インテルから新しいCPUが出るのは年中行事じゃねえか。
いちいち喜ぶほどのもんでもないだろう。

でもSandy Bridge-Eは、今までのCore i7よりグッとパワーアップしてますからね。今までのCore i7をパスして待っていた人もいるんですよ。

今のところ(2011年11月時点)Sandy Bridge-Eは6コアの2モデルが先行発売されましたけど、2012年の春までには4コアモデルも投入されるみたいですね。

  • Core i7-3960X Extreme Edition (2011年11月発売済み)
  • Core i7-3930K (2011年11月発売済み)
  • Core i7-3820 (2012年3月までに発売予定)

上の2つが6コア・プロセッサーで、ユーザーがオーバークロックの倍率設定を変更することができるタイプです。

あとから出る予定の「Core i7-3820」は4コア・プロセッサーの下位モデルで、倍率はロックされてるタイプです。

じゃあ「Core i7-3820」って、あんまり人気でなさそうだよな。

そうですね。Sandy Bridge-Eはオーバークロックでどれだけ性能を上げられるか、っていうのを楽しみたい人が買いますからね。

ここからSandy Bridge-Eとは?って話になりますけど、まずはSandy Bridge-Eの2モデルと、既存のSandy BridgeのCore i7-2600Kの主要スペックを比較しました。

Core i7 プロセッサー 3000番台と2000番台の比較
Core i7-3960X Core i7-3930K Core i7-2600K
開発コード名 Sandy Bridge-E Sandy Bridge-E Sandy Bridge
クロック 3.3GHz~3.9GHz 3.2GHz~3.8GHz 3.4GHz~3.8GHz
コア 6コア 6コア 4コア
スレッド 12スレッド 12スレッド 8スレッド
キャッシュ L2:256KB×6, L3:15MB L2:256KB×6, L3:12MB L2:256KB×4, L3:8MB
メモリ DDR3-1600
(最大データ転送速度:12.8GB/s) x 4チャネル
DDR3-1600
(最大データ転送速度:12.8GB/s) x 4チャネル
DDR3-1333
(最大データ転送速度:10.67GB/s) x 2チャネル
TDP 130W 130W 95W
ソケット LGA2011 LGA2011 LGA1155

Core i7-3900番台の2モデルは、どっちも6コア・プロセッサー。ハイパー・スレッディング機能も搭載してますから、一度に12系統の命令を処理できることになりますね。

コアやスレッドが増えると、画像や動画とかの処理は更に強くなるな。

コア数が増えたのに伴って、CPUのキャッシュ容量も増えてますね。

1コアごとの2次キャッシュは256KBずつで変わりませんが、トータルでは2コア分の512KB増。各コアが共有する3次キャッシュはCore i7-2600Kの8MBに対して、Sandy Bridge-E世代では12MBから15MBに増加してます。

キャッシュって、CPUが頻繁に使うデータをコピーしておくメモリだよな。キャッシュ容量が大きいほどCPUの性能が良くなるから、けっこう大きな違いになるな。

もっと大きな違いはメインメモリですね。
Sandy Bridge-Eは4チャネル・メモリですから、Core i7-2000番台の2チャネルから一気に倍増してます。この違いのほうが大きいですよ。

メモリとCPU間の通路が2倍の広さになったわけだ。道路に例えたら2車線と4車線の違いだな。

そしてソケット形状もCore i7-2000番台とは違って、Sandy Bridge-EではLGA2011っていう新しいタイプに変わってます。

じゃあ従来のCore i7-2000番台との互換性はないのか?

ありません。だからCore i7-2600KからCore i7-3930Kに載せかえる、っていうこともできません。

Sandy Bridge-Eは専用の「インテル X79 Express」チップセットを積んだプラットフォームにしか搭載できないんですよ。
下の図が「インテル X79 Express」チップセットを中心としたプラットフォームの概略です。
intel-X79-Chipset-w800.jpg

左上のPCI-Expressが40レーンって、すごくね?

グラフィックスカードをx16+x16+x8とかで搭載できますね。ゲームユーザーにとっては、これだけでも飛びつく理由になりますよ。

Sandy Bridge-Eがパソコン用のCPUとしては最上位グレードってことはわかったけどさ、来年はインテルからまた新しいCPUが出るんだろう?

開発コード名『Ivy Bridge』って呼ばれてるCPUですね。Sandy Bridgeシリーズは製造プロセスが32nm(1ナノメートル=10億分の1メートル)で作られてますけど、Ivy Bridgeは更に微細化した22nmのプロセスルールになります。

じゃあIvy Bridgeが出たらSandy Bridge-Eは格下になるのか?

インテルはSandy Bridge-EとIvy Bridgeの関係をハッキリさせてないみたいですけど、今のところSandy Bridge-EはIvy Bridgeが出ても上位グレードとして君臨しそうですよ。

Ivy Bridgeの特徴ってのは主に製造プロセスの微細化と、内蔵グラフィックス機能の改良にあるんです。CPUに内蔵されたグラフィックス機能はSandy Bridgeで大きく改良されましたけど、Ivy Bridgeではさらに改良されるようですね。
でもあくまで内蔵グラフィックスとしてはということで、強力なグラフィックス・システムを構成できるSandy Bridge-Eのほうが絶対的なパフォーマンスは上回るでしょうね。
自動車に例えると、2000ccや3000ccクラスが次に出るIvy Bridge世代のCPU。設計自体はそれより古くなるけど絶対的な性能は上回る5000ccクラスのスーパーカーがSandy Bridge-Eって感じですね。

車だって今は軽自動車ばっかりだから、大排気量車なんてよっぽどクルマ好きじゃないと乗らないよな。

熱心なクルマ好きの人を「エンスージアスト」って言いますけど、Sandy Bridge-Eの「E」もエンスージアストって意味なんですよ。

そうなんだ。なんとなく「E」ってなんだろうって思ってたw

一般的なパソコンユーザーにとっては既存のCore i7-2000番台でも十分ハイスペックですけど、Sandy Bridge-Eを求める人たちは、「パソコン・エンスー」なユーザーなんですよ。

クルマでエンスーなんて金持ちじゃないとできないけど、パソコンならせいぜい20万円もあればエンスーできるしな。

iconicon マウスコンピューターのSandy Bridge-E搭載モデル。「Core i7-3930K」で119,700円、「Core i7-3960X Extreme Edition」搭載でも199,500円でエンスーできます。
Sandy Bridge-E搭載モデル特集ページicon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク