まだ違う、と思う

パソコン、楽しいですか?

「なんだ、いきなり!」

違うんじゃないかな~って、思うんです。

「だから、何が違うんだよ!」

今売れ筋のパソコンって、テレビも見られて録画もできるってヤツですよね。テレパソっていうみたいですね。

それはいいんですよ。だって形が似てるのにテレビくらい観ることができても当たり前って感じですから。

でもね。それでいいんかい! って思うんです。イヤ、まだそんな売り方しかできないんかい! って思ってます。

かつてのパソコンブームって、インターネットができますってのが売り文句でしたよね。ホームページ見て、メル友作って、ハイオシマイ。

そのあと、パソコンの売れ行きはガク~ンと落ちて、各社とも頭抱えてました。

「あったりまえじゃん!そんなの携帯でもできるわ!」

ですよね。でもパソコンって、もっと楽しいものじゃないのかなぁ~って思うんです。

私がパソコンを始めてから一番楽しかったのは、自分で書いた文章をきれいな活字で印刷できたり、絵心なんてないのにお絵かきしてるときでした。

前にもどこかのページで書いたかもしれませんが、最初に買ったパソコンはマックでした。

マックにはHyperCard(ハイパーカード)っていうソフトがあるんです。どんなソフトかって言うと、『なんにでも使えるソフト』です。

基本的にはカード型のデータベースソフトなんですけど、ゲームを作ったり、日記帳を作ったり、自分が欲しいと思うソフトを自分で作れるソフトなんです。

つまりね、パソコンって、もっと自分のアイデアを形にするものなんじゃないかな?

パーソナル・コンピュータって言うんですから、もっとパーソナル、自分のための使い方ができるほうが楽しいと思うんです。

資格取得のためにスクールに通って、ワープロ資格の次は表計算、その次はデータベースにプレゼンテーションだ!

それはそれでいいんです。自分のスキルアップのために、前向きに取り組んでるんですから。

でもね、もっと自分が楽しいことにパソコン使いませんか?

絵なんてヘタ。学生時代から美術の成績は、いつも2か3。でもパソコンなら誰にも勝手な評価されることなんてなく、自分が好きなように描くことができるでしょ?

それから自分史って流行りましたけど、お金出して本を作るより、ブログに書いたほうが100倍読んでもらえますよ。

パソコンを趣味で使ってるんなら、もっともっと自分が楽しめることに使いましょ!

そのパソコン、あなたが自分のお金を出して買ったんですから、自分が楽しいと思えることに使えばいいんですよ。

スキルアップとか肩に力入れないで、楽~に面白がって使ってください。そのほうがパソコンも喜びます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク