PCリサイクルの促進に必要なのは、キャッチフレーズだろうか?

PC リサイクルのキャッチフレーズを募集します

一般社団法人パソコン3R推進協会では、来年の10月でPC リサイクル制度が開始されてから10年が経過することを記念し、PC リサイクル制度をより多くの皆様に理解していただくために、分かりやすいキャッチフレーズを、下記の通り、広く募集することにいたしました。

という企画が、なんだか的外れと思うのは私だけでしょうか?

PCリサイクルマーク

平成15年(2003年)10月以降に購入されたパソコンは商品価格にリサイクル費用が含まれているので、右図のようなPCリサイクルマークが貼られていれば、他に手数料などは不要でメーカーに回収させることができます。

この制度をもっと周知させるためにキャッチフレーズを募集するというのですが、それより問題なのは、PCリサイクル制度が始まる前のパソコンや、制度が適用されていない法人向けPCなどの、高額なリサイクル費用じゃないでしょうか?

パソコンのリサイクル費用は、どこのPCメーカーもほとんど横並びで、表のような料金になっています。

回収対象製品 リサイクル費用
デスクトップPCの本体
ノートPC
3,150円
液晶ディスプレイ
液晶ディスプレイとの一体型PC
3,150円
CRT(ブラウン管)ディスプレイ
CRTディスプレイとの一体型PC
4,200円

例えばリサイクルマークが貼られていない古いCRTディスプレイとデスクトップPCの本体を処分するには、それぞれ3,150円と4,200円で合計7,350円もかかります。

ちなみに自動車のリサイクル料金は車種によって異なりますが、一例としてスズキのワゴンRの場合は、4,050円~9,110円となっています。

スズキ株式会社 自動車リサイクル料金について

パソコンと軽自動車のリサイクル費用が、ほとんど変わらない金額ですね。
これだけ大きさの違う工業製品なのにリサイクル料金はほとんど同じというのは、素直にうなずけないのではないでしょうか?

リサイクル料金が高いことが理由で不法に投棄されたり、悪質な廃品業者に買い取られて海外に輸出されるということにもつながります。

PCリサイクル制度のPRもけっこうですが、その前にすることはリサイクル料金の引き下げ。そのほうが回収率は向上すると思います。

スポンサーリンク

パソコン無料回収サービスの利用

高額なリサイクル費用に悩んでいるのであれば、無料回収を利用する方法もあります。とは言っても、クルマで市内を巡回している廃品買取業者には要注意です。無料と言っておきながら、トラックに積み込んでから費用を請求するなど、悪質な業者が増えています。

パソコンは、それ自体が資源の塊なので、無料で引き取ってくれる業者もあります。例えば、パソコン無料回収のライズマークでは、Webサイトから無料回収を依頼し、あとは指定の運送業者が回収に来るのを待つだけです。伝票も運送業者が記入済みで用意しているので、送り主はパソコンをダンボールに梱包しておくだけの手軽さです。

但し、初期型のiMacなど、CRT一体型パソコンなど回収不可のものもあります。ゲーム機など、パソコン以外にも回収可能なものもあるので、詳細はWebサイトをご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク