関連付けを変更してファイルを好きなアプリケーションで開く方法

Windowsではファイルの種類によって、開くアプリケーションがあらかじめ決まっています。例えばテキストファイルならメモ帳、HTMLファイルならInternet Explorer(インターネット・エクスプローラー)やMicrosoft  Edge(マイクロソフト・エッヂ)で開くように初期設定されています。

もちろん初期設定のままで使い続けてもいいのですが、Windowsには標準のアプリケーション以外にも便利なアプリケーションが有料・無料含めてたくさんあります。例えばWebブラウザならGoogle Chrome(グーグル・クローム)やFirefox(ファイヤーフォックス)、テキストファイルならTeraPad(テラパッド)や秀丸エディタなどが定番の人気アプリケーションです。

気に入ったアプリケーションが見つかると、今後は常にそれを使いたくなりますが、そのためにはファイルの種類とアプリケーションを関連付けなければなりません。

ここではファイルの種類とアプリケーションとの関連付けを行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

テキストファイルの関連付けを、メモ帳からTeraPadに変更してみる

ある種類のファイルを開くときに使うアプリケーションを変更するには、ファイルの種類とアプリケーションの関連付けを設定する必要があります。

ここでは例として、テキストファイル(文字だけのファイル)をWindows標準アプリケーションのメモ帳から、TeraPadというフリーソフトに変更してみましょう。

関連付けを変更する方法はいくつかありますが、最も簡単なのは関連付けを変更したいファイルのアイコンを右クリックします。

すると下図のようなメニューが開くので「プログラムから開く」をクリックし、その横に現れたサブメニューから使いたいアプリケーションを選びます。

もし、サブメニューに使いたいアプリケーションが表示されていなければ、一番下の「別のプログラムを選択」から選ぶことができます。

もう一つの方法は、同じようにファイルのアイコンを右クリックして、今度は一番下の「プロパティ」をクリックします。

現在はテキストファイルの関連付けがメモ帳になっているので、その横にある「変更」ボタンをクリックします。

ここで今回指定するTeraPadを選択して「OK」で完了です。

ファイルの関連付けが変更されるとファイルのアイコンが変更後のアプリケーションに変わり、これでファイルの関連付けは終了です。

今回は一例としてテキストファイルの関連付けを変更しましたが、Webブラウザやプレイヤーなどでも同じようにして変更できます。

スポンサーリンク

フォローする