ネットブックにガッカリしないために

パソコン市場で人気なのが、ネットブックPCと呼ばれる小型パソコン。当初は5万円パソコンと呼ばれたネットブックも、今では3万円台の製品や通信サービスへの同時加入で100円といった低価格化が進んでいます。
ただ中には初めてのパソコンとして購入するユーザーも多く、「普通の」ノートパソコンと同じように考えてしまうと期待はずれな買い物をすることになります。
そこで今回は「普通の」ノートパソコンとの違いを比較して、買うべきなのは本当にネットブックなのか?を検証します。


ここは北海道某市にある「知っ得!パソコン塾」編集部。リストラの脅威に目をそらし続ける男たちが、今日もまったりと北国の初夏を過ごしていた。

暑くなったり寒くなったりで、変な天気ですね。ところでウチ、夏のボーナスって出るんすかね?

アホか、お前。この御時勢にクビにならんだけラッキーじゃねえか。俺はこの世にボーナスなんてもんがあることは、とっくの昔に忘れたよ。

ボクも忘れたいんですけど、昨日の夜、友達にネットブックってどうよ?って訊かれたんですよ。ボーナス出たら買おうと思ってるみたいで。

買えばいいんじゃねえの~。ネットブックなんてケチくさいこと言わんで、ポーンと高いの買えばいいんだよ。

編集長、機嫌悪いっすね。ほんとはボーナス欲しいんじゃないっすか?

んなこたぁねえよ。ところでその友達って、普段からパソコン使ってんのか?

いえ、はじめて買うんすよ。安いからパソコンも一台持っておこうかって感じらしいです。だからそいつネットブックPCっていうのが、どんなものかもよくわかってないみたいなんです。

100円のネットブックなんてのまでありゃ、一台買っとくかって気にもなるわな。
じゃあボーナスが出る恵まれた人たちのために、ネットブックってもんが何かを教えてあげようじゃねえか!

イジケてますねぇ。ホントは欲しいんでしょ?ボーナス。

スポンサーリンク

ネットブックはインターネット中心の使い方に

そもそもネットブックが普通のパソコンと同じように使えるって思っちゃうのが誤算ですね。ネットブックは、あくまでインターネットの利用が中心のモバイルPCですから。でも普通のパソコンと同じ性能だと思ってる人は多いみたいで、アメリカで行われた調査でもこんな結果が出ているようです。

多くの消費者が、ネットブックとノートPCの機能・性能を同程度と勘違いしているとの調査結果が22日に公表された。(中略)勘違いの結果、ノートPCの代わりにネットブックを購入した消費者のうち満足していたのは58%だった。一方、最初からネットブック購入を計画していた消費者の場合、満足度は70%だった。(中略)ネットブックは、持ち運びやすいことが大きなメリットとしてマーケティングされている。実際、購入者の60%で、持ち運べることが購入要因となっていた。しかしながら、購入者の60%は、一度も家から持ち出したことがなかったという。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090623_295768.html

勘違いって、そりゃムリないよな。パソコン買うのが初めてなら違いなんてわかんないだろうし。だいたい売るほうも少し説明しろって。

まずネットブックと普通のパソコンとの違いを比較しておいたほうがいいですね。

ネットブックPC 一般的なPC
主な用途 基本的にインターネットが快適に使える程度の性能。
モバイル時の消費電力を抑えるため、低電力=低性能。
インターネットの利用はもちろん、画像やビデオの編集など幅広い用途に対応できる。
メリット 価格が安い。
小型なのでモバイルに最適。
画面の視認性や操作性など、使い勝手がいい。
デメリット 画面やキーボードが小さく、視認性や操作性は悪い。
用途がWeb中心に限られる。
ネットブックより大きく重いので、屋内中心の使い方に限定されることが多い。
最近の動向 画面が9インチから10インチへ若干大型化している。
当初は海外メーカー製品ばかりだったが、国内メーカーも参入して飽和状態。
PCの普及や景気悪化で値下がりが激しい。通常のノートPCでも5万円ほどで買える。デスクトップPCなら3万円台も。

「ネットブック」って言うくらいだからインターネットが中心で、オールマイティーに使えるもんじゃないよな。ネットブックがあれば万事OK!ってことにはならんわな。

でも違いを知らなきゃそう思いますよ。だから上のアンケート結果でも普通に使えると思ってガッカリしたんでしょうね。

それからネットブックを外に持ち出したことがないって人も多いでしょ。これって当然ですよね。Webサイト観たりメールしたりって携帯電話でもできるんですから。

でもよ、俺みたいなオヤジが喫茶店で携帯いじってる姿って、なんかカッコ悪いけどよ、ネットブックだと「できるビジネスマン」っぽく見えないか?

誰の視線気にしてるんですか。それよりネットブックがどんなものか知ってて買う人はいいんですけど、ただ安いパソコンが欲しいっていう理由だと、思いっきり外しちゃいますよね。

そういう人は普通の安いノートPC買ったほうがいいよ。

でも店頭で売ってるノートPCって、10万円前後はするじゃないですか。だからネットブックなら安いって買っちゃうんでしょうね。

普通のパソコンでもデルマウスコンピューターのような直販系のメーカーだと安いよ。ネットブックと変わらない価格のノートPCだってあるぞ。

そうなんです。だからボクも友達に直販系のメーカーを教えて、まずはそこを見てみろって言ったんです。

正解だな。それで友達はネットブックと普通のノートPC、どっちにするって?

そうしたら、やっぱり普通のパソコンのほうがいいって言ってました。ネットブックの説明したら、「なんだそうだったのか」って。


ネットブックPCは、あくまでインターネット用のモバイルPC。言い換えればインターネットに特化した機能限定版です。そういう目的で購入するならいいのですが、安さにだけ惹かれて買ってしまうとガッカリすることになるかもしれません。
店頭に行くとたくさんのネットブックが並んでいますが、目に付くのは大きく価格が書かれたPOP広告ばかり。もう少しネットブックの特徴について、わかりやすくPRしてくれればいいですね。
ネットブックPCとノートPCはどちらも用途に応じて使えば、それぞれのメリットを活かすことができます。
このページではネットブックPCと同じくらいの価格でも普通のノートPCが買えるという視点でしたが、それでもやっぱりネットブックPCが欲しいという方は
これだけは知っておこう! ネットブックPCとノートPCの違い
後悔しないネットブックPCの選び方 3つの必須チェックポイント
絶滅危惧種のネットブックに注目するユーザー
のページをご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク