自宅で使うなら17インチ・ノートPCの使い勝手が快適!

現在販売されているノートパソコンは15.6インチ画面のものが主流となっていますが、さらにもう一回り大きな17インチ画面のノートパソコンがあることを知らない方は意外と多いようです。

ここでは、まだ17インチ・ノートパソコンを知らない or 使ったことがない方に、その魅力とメリットをご紹介します。

そのノートパソコン、中途半端な大きさじゃないですか?

15.6インチ画面のノートパソコンを使っている方で、頻繁に外へ持ち運ぶという方は少ないと思います。ほとんどの人がリビングや寝室などの決まった場所に置いて「デスクトップパソコン」として使っていることが多いでしょう。

でも15.6インチ画面のノートパソコンって、ほんとうに使いやすい大きさでしょうか?

モバイルパソコンより重くて、デスクトップパソコンより小さな画面。そして不自然な配列で打ちにくいキーボード。

一番多く売られているのに、実は最も中途半端な大きさなのが、15.6インチ画面のノートパソコンかもしれません。

たった一回り大きいだけで、見やすさが格段にアップ!

最初にお断りしておきますが、わたし自身はデスクトップパソコンをメインにしています。こうしてWebページの記事を書いたりするときは、大きくて見やすい画面と入力しやすいキーボードのほうがラクですからね。

でも、ソファに寝転びながら動画を観たり、テレビを横目にちゃぶ台で仕事したりと、デスクから離れてパソコンを使いたいときもあります。そんなときのために選んだのが、17インチ画面のノートパソコンです。

どうして17インチのノートパソコンにしたのかというと、以前、デルというパソコンメーカーから様々なノートパソコンをお借りしたことがあります。そのときに「Inspiron 17R Special Edition」という17インチのノートPCをモニターしました。※現在は販売終了しています。

これがわたしにとって初めての17インチ・ノートパソコン体験でしたが、一般的な15.6インチ・ノートパソコンより、たった一回り大きいだけで画面の見やすさがすごく快適でした。

17インチと言ってもボディ全体の大きさは15.6インチとそれほど違いはなく、それでいて画面の見やすさは格段にアップします。ちょっと離れていても動画が見やすいし、文字を読むときにフォントサイズを大きくしてもたくさん表示できるのは、老眼の進んだ中年には特にうれしいところでした。

自然な配列でタイピングしやすいキーボード

17インチ・ノートパソコンの少しだけ大きなボディは、キーボードの使いやすさも格段にアップします。

わたしがノートパソコンを敬遠してきた最大の理由が、タイピングのしにくさなんです。

最近は15.6インチクラスでも数字の入力に使うテンキーを備えたものが多くなりました。でも限られたスペースでムリにテンキーを入れているので、そのしわ寄せが他のキーの配列に悪影響を及ぼしているものがほとんどです。

でも17インチのノートパソコンはテンキーがあっても、キーの間隔や配列に不自然さがなく、デスクトップパソコンから乗り換えても、あまり違和感なく入力することができます(多少は慣れも必要ですが)。

icon icon
※画像はマウスコンピューターの「m-book W シリーズ」のキーボード。クリックで該当ページにジャンプします。

段違いに見やすい画面と打ちやすいキーボード。この2点だけでも17インチのノートパソコンに乗り換えるための十分な理由になります。どうせ据え置きで使うなら、次は17インチのノートパソコンにしてはいかがでしょうか?

17インチのノートパソコンはメーカーのWebサイトをチェック!

ところで、あなたは今、こんなふうに思っていませんか?

17インチのノートパソコンなんて、どこで売ってんだよ!

たしかに大型の家電量販店でも、17インチのノートパソコンを陳列しているところは少ないですよね。特に地方の店舗では、まったく展示していないことも珍しくありませんので、17インチ・ノートパソコンを探すならパソコンメーカーのWebサイトをチェックしましょう。パソコンメーカーの直販サイトなら、あまり店頭に並ばないモデルでも見つかります。

ちょっと余談になりますが、パソコン買うならメーカーの直販サイトで買うのが一番です。

まず、価格が安い! 店頭で売られているのと同じパソコンでも1万円くらい安いことは珍しくありません。

また、直販サイトではプロセッサーやメモリ、ハードディスクなど、パソコンの構成を自分好みにカスタマイズできるのもメリットです。

さらに独自のキャンペーンが行われていることも多いので、店頭モデルよりも、かなりお得な条件で購入できることもあります。

それでは、いくつかのメーカーサイトを見て17インチのノートパソコンを探してみましょう。

※掲載しているスペックや価格などは、記事の執筆時点のものです。

コストパフォーマンスに優れた「HP 17-by0000」

HP17-by0000

HP 17-by0000

HP 17-by0000はエントリークラスに属する17インチ・ノートパソコンですが、世界シェアNo.1のパソコンメーカーだけあって質感に安っぽいところはなく、十分に上質なモデルと言えます。

ディスプレイ表面にはスマートフォンなどと同じIPSパネルを採用。どんな角度でも自然な色合いで表示されるので、家族や友人たちと一緒に動画の視聴をするのにもピッタリです。

プロセッサー(CPU)には、大幅に性能が向上したインテルの第8世代Core i プロセッサー・シリーズを搭載。画面への表示を担うグラフィックス機能にはプロセッサー内蔵タイプのほかにAMD Radeonシリーズを搭載するモデルも用意されているので、エントリークラスと呼ぶのがもったいない気がするほどコストパフォーマンスの高さが特徴です。

価格帯も7万円台から用意されているので、そろそろ17インチ・ノートパソコンへの買い替えを考えている方には、ぜひチェックしていただきたいモデルです。

HP 17-by0000の詳細については下記リンクからHPの公式サイトでご覧ください。

17インチ・ノートパソコンの定番モデル「m-Book W800シリーズ」

マウスコンピューター m-Book W800シリーズは、ハイグレードなデスクトップパソコンにも負けない高性能ぶりが持ち味。17インチ・ノートパソコンの中でもダントツの人気を誇るモデルです。

マウスコンピューターは、同じ性能なら大手メーカーより安く、同じ価格なら大手メーカーより高性能ということで、ベテランユーザーから根強い支持を得ている国内の中堅パソコンメーカーです。そのためコストパフォーマンスなら他のどのメーカーより圧倒的に高く、何台も続けて指名買いするコアなファンが多いのも特徴です。

唯一の難点と言えば、今どきのパソコンにしてはデザインが素っ気ないところでしょうか。お洒落なパソコンを求めるユーザーには見向きもされないでしょうが、質実剛健さを理解できるベテランユーザーからは高い評価を得ています。

マウスコンピューターの直販サイトでは構成の異なる複数のグレードが用意されていますが、さらにそこからメモリやストレージなどをカスタマイズできるので、予算や使い方に合わせた構成に仕立てることができます。

 

妥協のない高性能が魅力の「Lenovo Legion Y740」

Lenovo-Legion-Y740

Lenovo Legion Y740

Lenovo Legion Y740は高性能なゲーム用17インチ・ノートパソコン。

と言うと、「自分はゲームしないから必要ないよ」と思う方も多いと思いますが、長いあいだ不満を感じることのないハイスペックなパソコンが欲しいなら、頭から毛嫌いするのはもったいないと思います。

ゲーム用パソコンはプロセッサーやグラフィックスといった処理性能を左右する部分の性能が高いだけでなく、臨場感の溢れるサウンドシステムや効率的な冷却システムなどトータルバランスに優れているからです。

つまりハイスペックなゲーム用ノートパソコンを選ぶということは、どんな使い方でもストレスを感じない快適な処理ができる。そして、その快適さが長いあいだ続くということになります。このLenovo Legion Y740も、間違いなくそうした一台です。