自宅で使うなら17インチ・ノートPCの使い勝手が快適!

ノートパソコンは画面サイズ15.6インチのものが主流となっていますが、もう一回り大きな17インチ画面のノートパソコンがあることを知らない方は意外と多いようです。

ここでは、まだ17インチ・ノートパソコンを知らない&使ったことがない方に、その魅力とメリットをご紹介します。

そのノートパソコン、中途半端な大きさじゃないですか?

15.6インチ画面のノートパソコンを使っている方で、頻繁に持ち運ぶという方は少ないと思います。ほとんどがリビングや寝室などの決まった場所に置いて、「デスクトップパソコン」として使われているほうが多いでしょう。

でも15.6インチ画面のノートパソコンって、ほんとうに使いやすい大きさでしょうか?

モバイルパソコンより重くて、デスクトップパソコンより小さな画面。そして不自然な配列で使いにくいキーボード。

一番多く売られているのに、最も中途半端な大きさなのが、15.6インチ画面のノートパソコンかもしれません。

たったひとまわり大きなだけで、ぐっ!と快適な使い心地

最初にお断りしておきますが、わたし自身はデスクトップパソコンをメインにしています。こうしてWebページを書いたりするときは、大きくて見やすい画面や入力しやすいキーボードのほうがラクだからです。

でもたまにはソファに寝転びながら動画を観たり、テレビを横目にちゃぶ台で仕事したりと、デスクから離れてパソコンを使いたいときもあります。そんなときのために選んだのが、17インチ画面のノートパソコンです。

どうして17インチのノートパソコンにしたのかというと、以前、デルというパソコンメーカーから様々なサイズのノートパソコンをお借りしたことがあります。そのときに「Inspiron 17R Special Edition」という17インチのノートPCをモニターしました。※現在は販売終了しています。

一週間ほど借りて使ってみましたが、15.6インチのノートパソコンより、たった一回り大きいだけで画面の見やすさやキーボードの入力がすごく快適でした。

17インチと言っても大きさは15.6インチと大差なく、それでいて画面の見やすさは格段にアップします。少し離れていても十分な大きさで動画を観られるので、長時間の視聴でも目の疲れは少なくなります。また文字数の多いWebサイトや文書を読むときに、フォントサイズを大きくしても画面にたくさん表示できるのは、目が弱くなった中年ユーザーには特にうれしいところでした。

17インチ・ノートパソコンの少しだけ大きなボディは、キーボードの使いやすさも格段にアップします。

わたしがノートパソコンを敬遠する最大の理由がタイピングのしにくさです。特に15.6インチ以下のノートパソコンは不自然な配列のキーボードが多いので、文字入力が多いわたしにとってノートパソコンを敬遠する最大の理由でした。

でも17インチのノートパソコンは数字の入力に使うテンキーがあっても、キーの間隔や配列に不自然さがなく、デスクトップパソコンから乗り換えても、あまり違和感なく入力することができます(多少は慣れも必要ですが)。

画像はマウスコンピューターのm-Book Wシリーズのキーボード

画像はマウスコンピューターのm-Book Wシリーズのキーボード

重量も15.6インチのノートパソコンとほとんど同じですから、長時間持ち歩くならともかく、一階から二階に持っていくくらい、どうっていうこともありません。

大きくて見やすい画面と打ちやすいキーボード。ほんの少し大きくなっただけで、得られるメリットはそれ以上に多いのが17インチ・ノートパソコンです。どうせ据え置きで使うなら17インチのノートパソコンを選ぶほうがいいと思います。

17インチのノートパソコンはメーカーのWebサイトをチェック!

ところで、そろそろこんな声が聞こえてくる気がします。

17インチのノートパソコンなんて、どこで売ってんだよ!

たしかに大型の量販店でも、17インチのノートパソコンを陳列しているところは少ないかもしれません。特に地方の店舗では、まったく展示していないことも珍しくありませんので、17インチ・ノートパソコンはパソコンメーカーのWebサイトをチェックしましょう。

パソコンメーカーは、たいてい自社の直販サイトを持っていますので、あまり店頭に並べられないパソコンもメーカーのサイトなら見つかります。

またメーカーの直販サイトはプロセッサーの種類やメモリ・ハードディスク・バッテリー容量など、構成内容をカスタマイズできる場合があるのもメリットです。さらに独自のキャンペーンが行われていることも多いので、店頭モデルよりも、かなり買い得な条件で購入できることもあります。

それでは、いくつかのメーカーサイトを見て17インチのノートパソコンを探してみましょう。

※掲載しているスペックや価格などは、記事の執筆時点のものです。

HP 17-bs000

HP 17-bs000の主な仕様
ディスプレイ 17.3インチ・フルHD・IPSディスプレイ(1920×1080)
OS Windows 10 Home
プロセッサ
  • インテル® Core™ i5-7200U プロセッサー
    (2コア・4スレッド、2.50~3.10GHz、3MBキャッシュ)
  • インテル® Core™ i7-7500U プロセッサー
    (2コア・4スレッド、2.70~3.50GHz、4MBキャッシュ)
グラフィックス
  • インテル® HD グラフィックス 620
  • AMD Radeon™ 530 グラフィックス
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ
  • 1TBハードドライブ
  • 128GB SSD + 1TB ハードドライブ
光学ドライブ DVDドライブ
価格 ¥73,000~ (税抜)

HP 17-bs000はコストパフォーマンスの良さが魅力の17インチ・ノートパソコン。低価格でも安っぽさのない質感の高さは、さすが世界シェアNo.1といったところです。

ディスプレイにはフルHDの非光沢IPSパネルを採用しているので、どんな方向からでも自然な色合いで動画を観ることができるので、家族や友人たちと一緒に映画の視聴をするのにもピッタリです。

HPの直販サイトではプロセッサーの違いなどで数タイプ用意されていますが、プロセッサーの性能自体はCore i5でもCore i7でも大差ありません。メモリも8GBあれば十分です。

グラフィックス(表示)機能はCore i5モデルがインテルのプロセッサー内蔵タイプ、Core i7モデルには、より表示性能に優れたAMD Radeon530グラフィックスを搭載しています。

AMD Radeon530は独立型のグラフィックス機能としてはエントリークラスに位置しますが、軽めのゲームならプレイできる表示性能があるので、スマホやコンパクトデジカメで撮ったビデオの簡単な編集くらいはできます。

さらにCore i7モデルはストレージ(記憶装置)がSSDとHDDのハイブリッド構成になっているのがポイントです。OSやアプリケーションがSSDにインストールされるので、起動から終了までの動画全般がHDDだけに比べてはるかに速く、1クラス上の性能のようにキビキビした動作が得られます。

HP 17-bs000はCore i7モデルになると合計金額が10万円を超えてしまいますが、そこそこ高性能の割に手の出しやすい価格なので、買い得感の高いモデルです。

HP 17-bs000の詳細については下記リンクからHPの公式サイトでご覧ください。

Dell Inspiron 17 5000 シリーズ

Dell Inspiron 17 5000 シリーズ

Dell Inspiron 17 5000 シリーズ

Dell Inspiron 17 5000シリーズの主な仕様
ディスプレイ 17.3インチ(1600 x 900)
17.3インチ アンチグレア FHD(1920 x 1080)
OS Windows 10 Home 64ビット
プロセッサ
  • 第8世代インテル® Core™ i5-8250U プロセッサー
    (4コア・8スレッド、1.60~3.40GHz、6MBキャッシュ)
  • 第8世代インテル® Core™ i7-8550U プロセッサー
    (4コア・8スレッド、1.80~4.00GHz、8MBキャッシュ)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
AMD Radeon R5 M335 4GB
メモリ 8GB, DDR4, 2400MHz, 最大 32GB (追加 メモリは別で販売)
ストレージ
  • 1TB HDD 5400rpm
  • 128GB SSD + 1TB 5400rpm HDD
光学ドライブ DVDドライブ
価格 95,980円~ (税抜・配送料込)

Dell Inspiron 17 5000 シリーズはスタンダードクラスに位置する17インチ・ノートパソコンですが、コアやスレッド数が増えた第8世代インテル Core i5/Core i7プロセッサ搭載で10万円そこそこのリーズナブルな価格帯に収まっています。

ストレージは最下位グレードを除いてSSD+HDDのハイブリッド構成なので、最新のプロセッサーとあわせてストレスのない動作が得られます。

また通信データの種類を判断して動画や音楽データを優先して受信する「CinemaStream」という技術を採用し、ビデオやミュージックの再生を途切れにくくする工夫も施されています。

デルの直販サイトでは常にキャンペーンが行われているので、最新の情報は下記リンクからデルの公式サイトでご覧ください。

マウスコンピューター m-Book W800シリーズ

m-Book W800 シリーズの主な仕様
ディスプレイ 17.3型 フルHDノングレア (1,920×1,080)
OS Windows 10 Home 64ビット
プロセッサ インテル® Core™ i7-8750H プロセッサー
(6コア/2.20GHz/TB時最大4.10GHz/9MB スマートキャッシュ/HT対応)
グラフィックス GeForce® GTX 1050 (4GB)
メモリ 8GB PC4-19200 (8GB×1)
16GB PC4-19200 (8GB×2)
ストレージ 500GB HDD
240GB SSD
256GB M.2 SSD
256GB M.2 SSD + 1TB HDD
価格 124,800円~ (税別)

マウスコンピューター m-Book W800シリーズは、ハイグレードなデスクトップパソコンにも負けない高性能ぶりが持ち味の17インチ・ノートパソコン。

コア・スレッド・キャッシュがそれぞれ1.5倍に増えた第8世代インテルCore i7-8750Hプロセッサーを搭載して並列処理の性能が大幅に向上。GeForce GTX 1050グラフィックスと併せてビデオ編集など負荷の高い処理がさらにスムーズにこなせるようになっています。

また左側面にはミニ・ディスプレイポートを2つとHDMIを1つ備えているので、本体と合わせて4画面での出力も可能になっています。

クリックで拡大

マウスコンピューターの公式サイトでは構成の異なる複数のグレードが用意されていますが、メモリやストレージなどをカスタマイズできるので、予算や用途に合わせた構成に仕立てることができます。