セキュリティ対策の必要性

パソコンの戸締りはしていますか?

パソコンには目に見えない、ポートというたくさんの窓があります。Webサイトを見たりメールをするときには、このポートを開けたり閉めたりしながら外部と通信しています。

不正なプログラムによってポートを開けられていたりすると、外から簡単に進入されてウイルスに感染したり、パソコンから個人情報が盗み取られることもあります。

ポートが開いているかどうかはインターネットの向こうから簡単に調べることができます。そのためのソフトウェアも出回っていて、特別な知識がなくても手当たり次第にポートが開いているパソコンを探し出すことができます。

こうした開けっ放し、または鍵の甘い窓(ポート)を不正な進入から防ぐにはセキュリティ対策ソフトをインストールすることと、Windowsのアップデートを欠かさず行う必要があります。言い換えれば、この2つをしておくだけで、ほとんどの危険からパソコンやデータを守ることができます。

ところがウイルスなどに感染するパソコンは、この2つを行っていない場合が大半です。セキュリティソフトを買う費用やアップデートする手間を惜しんだばかりに、パソコンが使えなくなったり回復に多額の費用がかかってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク