セキュリティを高めるアウトルック・エクスプレスの設定変更

ウィルス感染の王道でもあるメールソフトのセキュリティ対策です。このページではWindows に付属している「アウトルックエクスプレス」の設定を行います。

スポンサーリンク

プレビュー機能の停止

電子メールに仕込まれたウィルスは、プレビュー機能で表示するだけで感染するものがあります。プレビュー機能はいちいちメールを開かずに内容を見ることができて便利ですが、安全のために多少の便利さが犠牲になるのはしょうがありません。アウトルック エクスプレスのプレビュー機能を無効にしておきましょう。

設定はアウトルック エクスプレスの「表示」メニューから「レイアウト」を選択。

oemenu-layout.jpg

「ウィンドウのレイアウトのプロパティ」画面で下部の「プレビューウィンドウを表示する」のチェックを外します。

oe-preview.jpg

HTMLメールの非表示

次に「ツール」メニューから「オプション」と進み「読み取り」タブを開きます。

oe-yomitori.jpg

赤で囲った部分、「プレビューウィンドウで表示するメッセージを自動的にダウンロードする」のチェックをオフ、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」のチェックはオンにします。

アウトルック エクスプレスではホームページと同じ仕組みを使って、画像を表示したりフォントの色や大きさなどを指定したメールを作ることができます。

しかし、この機能を利用して悪意のあるプログラムを仕込んだメールが送られる可能性があります。テキストだけで表示するのは、こういうメールに対処するためです。

セキュリティ設定の確認

「オプション」画面から最後に「セキュリティ」タブを開きます。

oe-sec-option.jpg

ここでは標準の状態で赤枠の中と同じになっていると思います。同じならこのままで結構です。

チェックのついた項目が、ウィルスなどに対する防衛策であることが、なんとなく理解できると思います。これでアウトルック エクスプレスの設定は一通り済みました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク