ISDNとCATV

スポンサーリンク

IDSNはデジタル通信

ISDNは「Integrated Services Digital Network」の略で、日本語では「サービス総合ティジタル網」と言われます。

ISDNの特徴はデジタル通信という点です。

xDSLやダイヤルアップはアナログ信号で通信をするので、パソコンから送信するデータはデジタルへ、反対に受信するデータはアナログからデジタルへ変換されます。ISDNは途中でアナログに変換する必要がなく、ノイズにも強いので、高品質で安定した通信ができるとされています。

但し通信速度は通常64kビット/秒で、アナログのダイヤルアップ接続と大差ない速度です。

INSネット

NTTが提供しているISDNサービスは「INSネット」という商品名です。個人向けには「INSネット64」というサービスで提供されていて、64kビット/秒のチャンネルが2つと16kビット/秒の制御用に使うチャンネルを持っています。64kビットのチャンネルを2つ同時に使用すれば128kビット/秒の速度で通信を行うことができます。

ダイヤルアップ接続では、インターネットに接続しているあいだは電話を使用することができないので、ISDNならインターネットと電話が同時に使えるというメリットが、当時は歓迎されました。

現在もADSLやCATV回線が利用できない地域では、唯一の定額通信手段として利用されています。

ケーブルテレビ(CATV)回線

CATVは本来テレビ番組を配信するための回線ですが、高速な通信速度を利用してインターネット接続サービスも提供しています。

CATVは基幹網に光ファイバーを利用し、そこから家庭までは同軸ケーブルで引き込んでケーブルモデムに接続します。

ケーブルテレビ業者は旧郵政省時代、一地域に一事業者のみと定められました。そのため各地域によってCATV業者のサービス内容は通信速度を含めてバラバラです。

私が契約している北海道の某CATVは対応も遅く、ADSLが利用できれば使いたくありませんでした。10メガサービスはADSLの8メガサービスが普及してから渋々始めたという感じで、競争原理が働かない殿様商売という印象しかありません。

工事費も設置時に3万円かかりましたが、翌月に工事費無料のキャンペーンが!前に住んでいたところも同じCATVでしたが、引越しのために保安機の取り外しに8千円かかりました。CATVはADSLに比べて導入コストが高かったりサービス内容が劣るのが難点です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク