中古パソコンのOSを安く購入する

中古パソコンにOSが付属していない場合は、別途購入する必要があります。でも2万円や3万円も出してOSを購入するのでは、中古パソコンを買った意味がありません。少しでも安くOSを購入しましょう。

スポンサーリンク

同じWindowsでも1万円の価格差

Windowsを安く買うなら、DSP版を購入するのが一番です。DSP版のWindowsとはメモリやハードディスクなど、パソコンのパーツとセットで購入・使用ことが条件ですが、パッケージ版と同様のフル機能で価格が安いのが魅力です。
例えば下の画像は個人向けで主流のWindows Vista Home Premiumですが、このショップでは24,299円で販売されています。

B001671QKY

Windows Vista Home Premium SP1
販売価格:24,299円

同じWindows Vista Home PremiumでもDSP版になると下の画像のように14,980円と、約1万円も価格が違います。

B001UIX7CO

マイクロソフト Windows Vista Home Premium 32bit 日本語DVD-ROM版 DSP/OEM+FDDもしくは中古メモリ
販売価格:14,980円

DSP版は何かしらのパーツと一緒に購入して使うことが条件ですので、価格の安いフロッピー・ドライブや中古のメモリなどとセットで販売されていますのが、フロッピー・ドライブなどは実際には取り付けずにインストールされることも多いようです。厳密にはライセンス違反なんですが・・・


中古パソコンのixi(イクシー)

格安・激安とはいえませんが、程度のよい中古パソコンが多いのが特徴です。
特に一台の中古パソコンに複数の画像を掲載しているため、ネット上からでもかなり状態を判断することができます。またOSなどの付属品についてもきちんと記載があるため、安心度の高い優良店と言えます。
デジタルドラゴン

リースアップされたビジネス向けPCの品揃えが豊富。
法人向けPCは耐久性・信頼性が個人向けの製品より高く設計されているので、中古パソコンとしては狙い目と言えます。
またデジタルドラゴンはメモリやHDDの容量アップなどカスタマイズできる自由度も高いので、用途にあった構成に仕立てることもできます。
スペックなどからある程度の目利きができる方であれば、掘り出し物を見つけやすいショップです。
中古パソコン激安販売のUSED-PC

ショップ名からするとマニアックさを感じる販売店ですが、意外に?程度の良好な中古パソコンが豊富。商品の回転が速いため、小まめなチェックが吉です。
またマイクロソフト認定の中古PCも取り扱っているので、OSのライセンスを心配することがないのも高ポイントです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク