これだけは知っておこう! ネットブックPCとノートPCの違い

検索から来られた方へ:
現在「ネットブックPC」というジャンルの製品は、ごく一部のモデルしかありません。もし最近流行の「Ultrabook」(ウルトラブック)についての情報をお探しなら、当サイトの「Ultrabook(ウルトラブック)とは? これを読めば一目瞭然! かも?」をご覧ください。

スポンサーリンク

勘違いで4割が不満?
ネットブックPCのユーザーアンケート調査で

ネットブックPCとノートPCの違いを知らずに購入したユーザーのうち満足しているのは6割弱に対して、ネットブックPCの特徴を承知のうえで購入した人の満足度は7割という結果が出たそうです。

「多くの消費者がネットブックとノートPCを勘違い? 米NPD調査」

そもそもネットブックPCは発展途上国の、まだパソコンに触ったこともない人たちのために企画されたのが始まりで、最初から普通のノートPCのような性能や機能は持たせていません。ノートPCの機能限定版というコンセプトですね。それがセカンドPCとしてなら価格も安くてちょうどいいと、アメリカや日本などでもヒットしたいきさつがあります。このためネットブックPCを普通のノートPCと同じと思って買うと、アレレ?ということになってしまいます。

ネットブックPCの満足度は、どんなふうに使うかで決まります。ツールには適した使い方があるので、ネットブックPCに適した使い方をすれば安くて便利なアイテムになります。ではネットブックPCに適した使い方とは、どんな使い方でしょう?

ネットブックPCにできること、できないこと

呼び名のとおりネットブックPCはインターネット中心の使い方を目的としているため、パソコン自体の性能に頼る使い方には向いていません。例えばオンラインゲームをしたり、動画の編集といった作業には不向きです。こうした使い方はパソコン自体に高い性能が必要になるので、間違ってネットブックPCを買ってしまうと数万円をムダにすることになります。

その代わり小さくて軽いネットブックPCは気軽に持ち運べるので、好きなときにどこからでもインターネットを楽しむことができるのがメリットです。
friends-netbook.gif
例えば大学のキャンパスで仲間と一緒に動画を観たり、公園のベンチでのんびりWebサイトを読んだりするならネットブックPCは最適です。

携帯電話より便利にインターネットを楽しめ、普通のノートPCより気軽に持ち歩ける。これがネットブックPCの手軽でいいところですね。

WebサービスでネットブックPCが快適に

じゃあネットブックPCはインターネットを観るしか使えないの?
というわけじゃありません。
cloud_computing.jpg
インターネットは「観る」ものから「使う」ものになっています。今までのようにパソコンにソフトを入れなくても、インターネットに接続するだけでデジカメ画像を編集したり、ワープロや表計算などが使えます。

そしてこうした便利なWebサービスが増えたことも、ネットブックPCが普及した大きな理由です。

ではどんな種類のWebサービスがあるのか?これがわかればネットブックPCの活用方法が具体的にイメージできるでしょう。

お勧めなのはマイコミジャーナルの知っておきたいWebサービス – ジャンル別リストというWebページです。検索してあちこち調べるよりも、まずはこのページをざっと見るほうがいいでしょう。インターネットでこんなこともできるんだ!と新しい発見があるはずです。

便利なWebサービスがだいたいわかったところで、じゃあお勧めのネットブックPCは?
その前に・・・

そもそも本当に欲しいのはネットブックPCでしょうか?
それとも安いパソコンが欲しいのでしょうか?

欲しいのはネットブックPC?それとも「フツーの」ノートPC?

冒頭にで書いたように、ネットブックPCとノートPCの違いを知らないまま購入するとガッカリする羽目になってしまいます。

もしあなたが欲しいのはオールマイティーに使える「普通のパソコン」なら、ネットブックPCには見向きもせずにノートPCを購入するほうが正解です。

でもノートPCは価格が高いじゃないか!と言う前に、今ノートPCの価格っていくらくらいだと思いますか?

10万円くらい?

確かにお店では10万円くらいで売られていますよね。その隣りにあるネットブックPCなら半分の価格ですから、安い!と思うのもわかります。

でもノートPCは4万円くらいで買えます。もちろんネットブックPCじゃなくて「普通の」ノートPCです。

そんな安いのなんて見たことない?

そうですね。この価格帯のノートPCを量販店で見ることは、ほとんどありません。でも店頭にはないだけで、インターネット販売なら4万円でもちゃんとした普通のノートPCが買えるんです。かと言ってワケアリ商品や型落ちモデルじゃなくて、れっきとした正真正銘の現行モデルです。

お店で売られているパソコンは、店舗の維持費や人件費などのコストが上乗せされるので、元々の価格より高くなるものがあります。例えばA社のパソコンはネット販売では7万円台ですが、それと同じか、むしろちょっと低スペックの同タイプが店頭では10万円で売られているものもあります。同じパソコンでもネット販売なら、店頭モデルのような経費がかからないぶん安く買うことができます。

それでもネットブックPCが欲しいのか?それとも安くて普通に使えるノートPCが欲しいのか?

本当はどっちが欲しいのかを、買う前にもう一度考えてみましょう。ここで間違ってしまうと、あなたも満足できない4割の仲間入りしてしまいます。

もし自分が欲しいのは普通のノートPCだと思ったら、デルマウスコンピューターなどのWebサイトをチェックしてみましょう。

ここまで読んできて、やっぱり持ち運びに便利なネットブックPCがいいと思ったら次のページに進んでください。

一口にネットブックPCと言っても、最近はそれぞれに特徴のあるものが増えてきました。その中から自分にとって一番使いやすいのはどれだろうと考えるときに、3つのチェックポイントがあります。

後悔しないネットブックPCの選び方 3つの必須チェックポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク