無変換と変換キーに全角・半角を割り当てる設定

スポンサーリンク

日本語とローマ字が混在した文章を書くとき、離れたところにある「半角/全角」キーで切り替えるのはとても面倒ですね。そこで普段あまり活用していない「無変換」と「変換」キーを使って、全角・半角を切り替えられるようにする設定を紹介します。

スポンサーリンク

コンピュータとの付き合いはMacから始まったのですが、その後は諸所の事情でWindowsに転向。そのときに一番戸惑ったのが半角と全角の切り替えでした。

Macのキーボードはスペースキーの左が「英数」、右が「かな」という配置になっています(多分今もそう)。これだと両手の親指をちょっと動かすだけで日本語と英語の入力を変えられて楽です。

ところがWindowsでは遠く離れたキーボードの左上に「全角/半角」キーが。まあ打ちにくいこと。どうしてこんな不自然な配置になったのか不思議です。マイクロソフトの日本法人の方々は不便だと感じたことはないのか、一度訊いてみたいくらいです。

--- 能書きここまで ---

ではさっそく設定の方法を紹介しましょう。レジストリを書き換えるなどの難しいことはありません。

まずIMEのツールバーから「プロパティ」を開き、「編集操作」タブをクリックします。このあたりIMEのバージョンによってはちょっと手順が違う場合もあります。

画面上部の「キー設定」の右から「変更」をクリックすると、下の図のような画面になります。

IME-HENKAN-MUHENKAN.jpg

少し下に行って、「無変換」「変換」とある場所を探します。すぐ右にある「入力/変換済み」欄の内容をクリックして「変更」ボタンをクリック。※画像はすでに変更済みの設定の状態です。

IME-KINOU-SENTAKU.jpg

「機能選択」画面が開きますので「無変換」キーには「IME-オフ」、「変換」キーには「IME-オン」を選択してください。

設定が変更されているかどうかは、テキストエディタなど文字入力できる状態で「変換」と「無変換」キーを押してIMEツールバー上で半角と全角が切り替わるか確認してください。うまく変われば設定はこれだけです。

この設定だと日本語とローマ字を交互に入力するとき、ものすごく楽です。是非お試しください。

スポンサーリンク