ポメラでアイデア倍増!になるか?

出かけるときは、あまりモノを持ちたくありません。何かを持って出かけると、まず6割以上の確率で忘れてきます。バブルのころに男性用のバッグが流行ったことがありましたが、自分としては絶対ありえませんでした。もしあのときブームに乗っていたら、きっと何度もバッグをなくして大騒ぎを繰り返したと思います。今でも短時間の外出なら携帯電話も持たないので、お前の携帯は役に立たないと言われることがあります。

それでもここ数年で、メモ帳だけは持ち歩くようにしました。出先でアイデアを思いついても、家に帰ったら「なんだっけ?」ということが何度もあったので。

最初は普通の黒い手帳を買ってみましたがポケットに入れるにも中途半端に邪魔で、すぐに使わなくなりました。次はもうちょっと手軽なメモ帳にしようと大きめのポストイットにしましたが、ノリがはがれるとメモが散乱してアイデアの種もゴミになることが増えただけ。いろいろ試して落ち着いたのが、どこにでもある小さいノート。結局これが一番気楽で、一番長く使っています。でも最近また新しいメモ帳が気になってきました。

B001KT0KNW

キングジムの『ポメラ』(pomera)といえば、「あ、あれね!」と思う人も多いはず。キーボードで文字が打てるだけの電子メモ帳です。

もちろんちょっとしたアイデアをメモるなら手書きのほうが早いです。こういうときは絶対アナログのほうがいいですね。でも図書館で資料を調べるときなどは、手書きでは効率が悪い。それで何度かノートPCを持っていったことがありますが、途中で他の資料を探しにいくときパソコンを置いたまま席を離れるのは不安ですし、何よりモノを持ち歩きたくない自分にとってはノートPCを持っていくというのが面倒でした。

図書館で資料をメモするときはある程度まとまった量の文字を書かないとならないので、こういうときは手書きやノートPCよりポメラのほうが便利そうです。本を探すあいだはポケットに入れておけば、目の届かないところに置きっぱなしにする不安もありませんし、資料を書き写すときはノートに走り書きするよりキレイで早い。そして家に帰れば、そのままパソコンに転送できるのが楽そうです。手書きのメモ帳とポメラを使い分ければ、もっといいアイデアが浮かびそうな気がします。気がするだけなのはわかってますが・・・

ポメラの価格や色を、Amazonで見てみた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク