Microsoft Security Essentials 正式版公開

2009年8月29日、Microsoft社の無料ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」(以下MSE)が正式版となって公開されました。市販のソフトメーカーにとっては脅威でしょうね。

MESはセキュリティソフトにお金を払いたくない人向け、という位置づけのため、高機能な市販ソフトに対して安全性はどれくらいなのか気になるところです。

ただ最近ではWebブラウザにもセキュリティ機能が組み込まれていたり、Windows標準のファイヤーウォール機能や「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」などがあるため、それらとの組み合わせで十分な効果があるのかもしれません。

MSEがどれだけのセキュリティ効果を持っているかは、数ヶ月もしないうちにネット上に評判が書き込まれると思います。今なにかしらのセキュリティソフトを使用している人は慌てて乗り換える必要はありませんが、もし何も対策をしていないという方はさっそくダウンロードしておいたほうがいいでしょう。

MSEのダウンロードはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク