中古PCでも正規のWindows搭載

マイクロソフトは今年2009年4月から一部の中古パソコン販売業者に対して、Windows XPのProfessional EditionまたはHome Editionの提供を始めました。

このカテゴリーではOSが付属しない中古パソコンでWindowsを使うための手段として

などを紹介してきましたが、マイクロソフトが中古パソコンにもWindowsの提供を行うことで、ユーザーにとってはOSの有無に悩まされることは少なくなりそうです。

スポンサーリンク

「Microsoft Authorized Refurbisher(MAR)プログラム」

正規ライセンスが与えられる中古パソコンはマイクロソフトの「Microsoft Authorized Refurbisher(MAR)プログラム」に参加している販売店のみとなっています。中でも知名度や店舗数の多いソフマップやヤマダ電機が参加しているため、これまでより気軽に購入することができそうです。

MAR対象の中古パソコンを取り扱っているということは、それだけ信頼できる販売店というお墨付きを得ていることにもなるため、ユーザーにとっては優良な中古パソコンショップを判断する目安にもなるでしょう。

またOSがWindows XPシリーズということはパソコンのスペックがVistaほど要求されないので、中古パソコンと言っても実用的な性能は十分得られます。

認定を受けた販売店の商品ですのであまりアンバランスな内容のものは少ないと思いますが、中古パソコンを購入する前には当サイトの「目安はWindows XPモデル」「CPUの目安はギガヘルツ」のページなども併せてご覧ください。

MAR対象の再生パソコンはこちらから

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク