HP ENVY 15-k000は「観る」のも「聴く」のも満足!なノートPC

投稿日:

HP ENVY 15-k000シリーズは2014年夏モデルとして登場した、ゲームやビデオ編集にピッタリのノートパソコン。GeForceグラフィックスやハイブリッドHDDなどを採用しつつ、リーズナブルな価格が魅力です。

HP-ENVY15-k000.jpg


HP ENVY 15-k000

HP ENVY 15-k000の主な構成内容と特徴

iconicon
Pavilion 15-p000

ENVY 15-k000シリーズは、同時にデビューしたPavilion 15-p000シリーズiconよりもハイグレードモデルになりますが、カタログスペックを賑わすだけの高性能ではなく、キッチリ実用的な高性能でまとめられた好バランスな内容になっています。Pavilion 15-p000シリーズが「中の上」なら、このENVY 15-k000シリーズは「上の中」といった位置づけです。

まずはENVY 15-k000シリーズに用意されている3つのグレードを一覧表でご覧ください。

HP ENVY 15-k000の主な仕様
スタンダード パフォーマンス プレミアム
OS Windows 8.1 Update (64bit)
画面 15.6インチ ワイド フルHD 非光沢ディスプレイ (1920×1080)
CPU インテルR Core? i5-4210U
(1.7 - 2.7GHz、2コア・4スレッド、3MBキャッシュ)
インテルR Core? i7-4510U
(2.0 - 3.1GHz、2コア・4スレッド、4MBキャッシュ)
メモリ 8GBx1 DDR3L-1600MHz16GB (8GBx2) DDR3L-1600MHz
表示 インテルR HD グラフィックス 4400 NVIDIAR GeForceR 840M NVIDIAR GeForceR GTX 850M
HDD 1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵、5400回転)
光学 ブルーレイディスクドライブ
価格 89,800円~ 114,800円~ 124,800円~
HP-ENVY15-k000-Display.jpg

ENVY 15-k000シリーズはゲームやビデオ編集に適したモデルということで、すべてのグレードにフルHDの液晶パネルを採用。表面には非光沢処理が施され、画面への邪魔な映り込みを防いでいます。

プロセッサーは省エネ性能を重視した低電圧版ですが、1コアで2系統の処理が可能な「ハイパー・スレッディング機能」と、負荷に応じてCPUクロックが上昇する「ターボ・ブースト機能」を備えているので、状況に応じた処理性能を発揮してくれます。

メモリはスタンダードでも8GBとタップリですが、パフォーマンスとプレミアムは2倍の16GBメモリを搭載しているので、ビデオ編集時には効果的ですね。

HP-ENVY15-k000-GeForce.jpg

ENVY 15-k000シリーズで注目すべきポイントはグラフィックス(表示)機能。

スタンダードだけはプロセッサー内蔵のグラフィックス機能ですが、パフォーマンスとプレミアムはNVIDIAR GeForceグラフィックスを搭載しているので、ゲームやビデオ編集もスムーズな表示・描画が可能です。

ストレージには1TB ハイブリッド・ハードドライブを標準搭載。読み書きの速いフラッシュメモリを一時記憶領域(キャッシュ)として使うことで、高速な動作スピードが得られるようになっています。

光学ドライブは読み書きに対応したブルーレイディスクドライブを標準搭載しているので、ENVY 15-k000シリーズで編集したホームビデオを、そのままブルーレイディスクに書き込むことができます。

また上記の表にはありませんが、ENVY 15-k000シリーズには『BeatsAudio』のステレオスピーカーに加えて2.5Wのサブウーファーを内蔵しているので、動画や音楽の視聴時に自然な臨場感のあるサウンドを再生してくれます。

HP-ENVY15-k000-Speaker.jpg

ノートパソコンはサウンドに対して無頓着なモデルも多い中、「聴く」性能もしっかり装備しているところは、エンタメPCとして高評価なポイントだと思います。

+10,000円の差額ならプレミアムモデルがイチオシ!

HP-ENVY15-k000-GeForce2.jpg

HP ENVY 15-k000シリーズには3種類のグレードがありますが、個人的には最下位の「スタンダード」は除外したほうがいいと思います。89,800円の価格なら、同じ価格のPavilion 15-p000 パフォーマンスモデルを選ぶほうが正解です。

残るはCore i7プロセッサーとGeForceグラフィックスを搭載する「パフォーマンス」と「プレミアム」ですが、その違いはGeForceグラフィックスの違いだけ。

ならばハイスペックな『NVIDIAR GeForceR GTX 850M』を搭載する最上位モデルの「プレミアム」を選ぶのが、最も買い得感が高い選択だと思います。

※掲載した内容や価格は、ページ作成時点のものです。最新の価格や詳細については、下記リンクよりHPのWebサイトでご確認ください。