ノートPCでゲームやビデオ編集するなら「m-Book V」は絶対見逃せない!

m-Book-V-550x293.jpg

マウスコンピューターのm-Book Vシリーズは、ゲームや動画の編集に適した15.6インチ・ノートパソコン。4コア版Core i7プロセッサーとGeForce GTX 860Mを標準搭載など、高い総合力を持ちながらリーズナブルな価格に抑えられているため、同社のノートパソコンで売り上げトップの人気モデルとなっています。

ここではm-Book Vシリーズの最も売れ筋グレード「MB-V700S-SH」を取り上げ、その特徴を見ていきます。

m-Book V (MB-V700S-SH) の主な仕様

まずはm-Book V (MB-V700S-SH) の主要スペックを一覧で確認し、そのあとで個々の特徴について説明します。

m-Book V (MB-V700S-SH) の主な仕様
ディスプレイ 15.6型 フルHDノングレア液晶 (1,920x1,080)
OS Windows 8.1 Update 64ビット
プロセッサー インテルR Core? i7-4710MQ プロセッサー
(4コア/2.50GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
メモリ 16GB PC3-12800 (8GB×2/デュアルチャネル)
グラフィックス NVIDIAR GeForceR GTX860M (2GB)
ストレージ 128GB SSD (ADATA SP900 シリーズ Serial ATAIII)
500GB HDD (SerialATAII 5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
販売価格 119,800円のところ、Web限定キャンペン価格:114,800円 (税別)

映り込みを抑える非光沢液晶を採用

mouse/m-Book-V-Display.jpg

ディスプレイはm-Book Vシリーズ共通で、15.6インチのフルHDディスプレイを採用。表面には非光沢処理が施されているので、背後に照明がある場合でも、画面への映り込みが気になりません。

ただしタッチパネルではないので、Windows 8.1を指先で操作することはできません。m-Book Vシリーズは多くのユーザーがWindows 7を選ぶでしょうが、Windows 8.1モデルにはタッチパネルも選べるようにして欲しかったと思います。

Windowsは8.1以外にProや7も選択可能

OSは標準でWindows 8.1、または同価格でWindows 7 Home Premium搭載モデルも選択可能です。

インターフェイスが大きく変わったWindows 8は不評の多いOSでしたが、8.1では最も不評が多かったスタートボタンが復活。ログイン直後から慣れ親しんだデスクトップ画面が表示できるようになりました。

Windows81-Desktop.jpg

またWindows 8.1はOS自体の動作も軽くなっているので、今までWindows 8シリーズを毛嫌いしていた方も、そろそろ選んでみるといいと思います。

パワフルな4コア版のCore i7プロセッサー搭載

4gen-Core-i7-w100.jpg

CPUは一番低いグレードの「MB-V700E」だけが2コアのCore i5-4210Mプロセッサーを搭載する以外は、すべて4コアのCore i7-4710MQプロセッサーを搭載。

1つのコアが2スレッドの命令を処理する「ハイパー・スレッディング」や、状況に応じてCPUクロックが上昇する「ターボ・ブースト」を内蔵しているので、ノートパソコンの中でも、かなりハイレベルな処理性能を発揮します。

ちなみにコア数やスレッド数が多いほど、画像や映像など、曖昧で膨大な情報をもつデータを高速に処理できます。

多くの編集ソフトもマルチコア・マルチスレッドのプロセッサーに最適化されているので、高画質なデジカメ画像やホームビデオの編集に、m-Book Vシリーズはうってつけのモデルと言えます。

最大24GBまで搭載できる大容量メモリ

m-Book-V-3mem.jpg

どんなに高性能なプロセッサーでも、その性能を活かすも殺すもメモリ次第。メモリ容量が少ないと、プロセッサーは段取りよく処理を行うことができません。

MB-V700S-SHは標準で16GB (8GBx2) の大容量メモリ搭載を搭載。これだけあれば、画像やビデオ編集にも十分でしょう。

もし、さらに大容量メモリが欲しければ、最大で24GB (8GBx3) メモリにカスタマイズも可能です。

新設計のGeForceグラフィックス搭載

GeForce-GTX860M.jpg

m-Book Vシリーズは、すべてのグレードにNVIDIA GeForce GTX 860Mを標準搭載。

GeForce GTX 860Mは高い表示性能だけでなく、状況に応じて描画性能をフレキシブルに変更することが可能になりました。これによって、必要な描画性能を発揮しつつ、バッテリーを効率よく使用することができるようになっています。先ほどプロセッサーのところで説明したインテルの「ターボ・ブースト」と同じような機能ですね。

また、それほど高い表示性能が必要ない場合はプロセッサー内蔵の「Intel HD Graphics 4600」が有効になるので、さらにバッテリーを長持ちさせることができます。

ハイブリッドなツインドライブ構成

mouse/ssd-hdd.jpg

MB-V700S-SHのストレージ(記憶装置)は、高速な読み書きスピードのSSDとハードディスクを1台ずつ搭載。

OSやアプリケーションをSSDにインストールすることで、Windowsの起動から、起動後の動作スピードまで高速な動作が可能になっています。

標準では128GB SSDと500GB ハードディスクですが、これらもカスタマイズで変更可能。予算に制約がなければ、1TBのSSDと1.5TB ハードディスクに変更することもできます。

現実的な選択としてはSSDは128GBのままでも十分だと思います。不安な場合は250GB SSD(+6,900円)に変更するといいでしょう。

ハードディスクも今どき500GBは物足りないところですが、内蔵のハードディスクを大きくするより、クラウドのストレージサービスを使ったり、外付けハードディスクドライブを利用するのもいいと思います。

ハイスペック満載の割りに、買い得な価格

m-Book V (MB-V700S-SH)の価格は、このページ作成時点で114,800円(税別、Webキャンペーン価格)となっています。

ネット中心のライトユーザーはノートパソコンに10万円以上?と思うでしょうが、ゲームやデジカメ・ビデオ編集に使いたいヘビーユーザーであれば納得できる価格だと思います。

むしろ、これだけ満遍なく高性能を搭載してこの価格なのは、マウスコンピューターらしいリーズナブルな価格と言えます。他社で同じスペックのノートパソコンを買おうとしたら、この金額では収まらないでしょう。

また、マウスコンピューターはカスタマイズで自分だけの仕様に仕立てることもできますが、私としてはこれでじゅうぶんなスペックです。

もし、これ以上のスペックが欲しければ、メモリやストレージ容量を増やしたグレードもあるので、そちらもマウスコンピューターのWebサイトでチェックしてみてください。

※掲載の内容はページ作成時点のものです。
仕様・価格は予告なく変更される場合が多いので、最新情報は下記リンクよりマウスコンピューターのWebサイトでご確認ください。