Dell Inspiron 17 5000、7000シリーズの違いを比較

投稿日:

Dell Inspiron 17 5000及び7000シリーズは、「映像スタジオ並のマシンを、あなたにも。」とアピールする「Dell Graphic pro シリーズ」にラインナップするモデル。高性能なプロセッサーとグラフィックスを搭載し、アドビ社の個人向け画像・ビデオ編集ソフトが付属するのが特徴です。

Inspiron 17 5000 Inspiron 17 7000
Inspiron-15-5000-250x137.jpg Inspiron-15-7000-250x150.jpg

Inspiron 17 7000シリーズは2013年に発売されたモデルですが、2014年発売の5000シリーズよりも全体的にハイスペックな仕様で、Inspiron 17シリーズの最上級モデルとなっています。

ここではInspiron 17 5000、7000シリーズの主な仕様を一覧表で比較してから、各部の特徴を見ていきます。

Inspiron 17 5000、7000シリーズの比較

Inspiron 17 5000, 7000シリーズの主な仕様
Inspiron 17 5000Inspiron 17 7000
発売日 2014年5月13日2013年9月27日
ディスプレイ 17.3 インチ Truelife HD+ ディスプレイ (1600 x 900) 17.3 インチ Truelife フルHD タッチパネル ディスプレイ (1920 x 1080)
OS Windows 8.1 64ビット Windows 8.1 64ビット
プロセッサー インテルR Core? i7-4510U
(4M キャッシュ, 2.0 - 3.1 GHz)
インテルR Core? i5-4210U
(3M キャッシュ, 1.7 - 2.7 GHz)
インテルR Core? i7-4500U
(4M キャッシュ, 1.8 - 3.0 GHz)
メモリ 8GB (8GBx1) DDR3L (1600MHz) 6GB (2GB+4GB) DDR3L (1600Mhz)
16GB (8GB+8GB) DDR3L (1600Mhz)
グラフィックス NVIDIAR GeForceR 840M 2GB DDR3L NVIDIAR GeForceR GT 750M 2GB DDR5
ストレージ 1TB SATA HDD(5400回転) 1TB SATA HDD 5400回転
1TB SATA ハイブリッドHDD 5400回転 ※Core i7モデル
光学ドライブ トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
保証・サービス AdobeR Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements
マカフィーRリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
1年間スタンダードサービスプラン
AdobeR Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 12
マカフィーR リブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
1年間スタンダードサービスプラン
寸法・重量 高さ:28.4 mm
横幅:414mm
奥行:285mm
重量:3.0kg
高さ:27.7mm
横幅:412mm
奥行:269mm
重量:3.29kg

7000はフルHD・タッチパネルが標準

Inspiron-17-7000-Display-150x140.jpg

Inspiron 17 5000シリーズのディスプレイはタッチパネルの設定が無く、解像度も1600x900で、Graphic Proと名のるには少々物足りないスペックですね。対して7000シリーズは、1920x1080のフルHD・タッチパネルが標準。

さらに7000シリーズは強度に優れるCorningR GorillaR NBT? Glassを採用し、液晶表面に傷が付きにくくなっています。

インテル第4世代Coreプロセッサー搭載

4gen-Core-i7-w100.jpg

プロセッサーは5000シリーズがインテルの第4世代Core i7プロセッサーのみ、7000シリーズはCore i7の他にCore i5プロセッサー搭載モデルも用意されています。

いずれのプロセッサーも、2コアで4スレッドの命令を処理できる「ハイパー・スレッディング機能」と、負荷に応じてクロック数が上昇する「ターボ・ブースト機能」を搭載。その時々で最適な処理性能を発揮するようになっています。

表示性能に優れるGeForceグラフィックス搭載

NVIDIA-GeForce-Logo-w100.jpg

グラフィックス機能は5000、7000ともに、NVIDIA社のGeForceシリーズを搭載。

グレード的には7000シリーズに搭載されるGeForce GT 750Mのほうが上ですが、5000シリーズのGeForce 840Mは2014年3月に発売された新世代モデルで、3Dゲームもプレイできる高い表示性能と低い消費電力を両立しています。

GeForce 840Mは詳細なスペックが公表されていませんが、インテル第4世代Coreプロセッサーに内蔵されるIntel HD Graphics 4400よりも約5倍の表示性能があるとされています。

7000には高速なハイブリッドHDD搭載

5000シリーズは通常のハードディスクを搭載していますが、7000シリーズはCore i7プロセッサー搭載モデルに、8GBのキャッシュを内蔵するハイブリッドHDDを搭載。

ハイブリッドHDDは高速なメモリを一時的な記憶領域にすることで、通常のハードディスクよりも高速な動作スピードが得られるので、プロセッサーやメモリの性能を、より引き出すことができます。

保証・サービス内容は、ほぼ同じ

ハード的なスペック以外では、5000、7000シリーズともに1年間のメーカー保証が付属。保証期間や内容は、デルのWebページ上で変更が可能です。

セキュリティソフトは「マカフィー リブセーフ」1年間が付属。画像・ビデオの編集には「Adobe Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 12」が付属。但しAdobeソフトは購入後にダウンロード&インストール作業が必要となります。

バリバリクリエイターには7000シリーズ、ときどきクリエイターには5000シリーズが最適!

ここまでInspiron 17 5000シリーズと7000シリーズの仕様を比較しつつ、主な特徴について見てきました。

ディスプレイの仕様やメモリ容量からわかるのは、5000シリーズは軽めの画像・ビデオ編集に適したモデルで、より本格的な編集には7000シリーズのほうが適しています。

例えば、コンパクトデジカメやスマホビデオの編集なら5000シリーズ、高画質なデジタル一眼やビデオカメラの編集には7000シリーズがちょうどいいと思います。

価格的にどれくらいの違いがあるかはキャンペーンによりますが、このページを作成している時点(2014年5月下旬)では、Inspiron 17 5000 プラチナ(Core i7モデル)が114,980円、Inspiron 17 7000 プラチナタッチパネルが143,980円となっており、差額は29,000円。

7000シリーズはフルHDのタッチパネル、16GBの大容量メモリ、1GBのハイブリッドSSDというスペックを見れば、29,000円の価格差は十分に納得できるものだと思います。

ただ、誰にでもこのスペックが必要というわけでもないので、29,000円は他に使うのもアリです。

※記載の仕様・価格はページ作成時点のものです。デルは毎週のキャンペーンで価格などが変動するため、最新の価格と詳細はデルのWebサイトでご確認ください。

Inspiron 17 5000 Inspiron 17 7000
Inspiron-15-5000-250x137.jpg Inspiron-15-7000-250x150.jpg
DELL 個人TOP