Dell Inspiron 14 ノートPC 3000 5000 7000シリーズの違いを比較

投稿日:

Dell Inspiron 14 3000、5000、7000シリーズは、コンパクトなボディに14.0インチ・ディスプレイを搭載し、持ち運びやすいノートPCです。デルでは、長時間バッテリーを気にせず使える「コードレスパソコン」と称していますが、大同小異な部分もあって、それぞれの違いがわかりにくいシリーズでもあります。

そこで、ここではInspiron 14 3000、5000、7000シリーズの主な特徴をサクッと紹介しています。

※記載の仕様や価格は、ページ作成時点のものです。
デルは毎週キャンペーンを実施するので、最新情報はページに記載のリンクから確認してください。

Inspiron 14 3000シリーズ

Inspiron-14-3000-500x305.jpg

Inspiron 14 3000シリーズは、低価格なノートパソコンが欲しいユーザーに、ちょうどいいモデル。ボディはプラスチック素材ですが、あや織り加工が施されているので、手触りにも配慮されています。カラーは黒の他に、Core i3搭載モデルにだけ赤もあり。

CPUはインテルのCeleronからPentium、Core i3プロセッサーまでと、下から3番目までのラインナップ。ネット中心の使い方なら、一番安いCeleronプロセッサーでも十分。PentiumプロセッサーはCeleronと大差ないので、あえて選ぶ必要はないと思います。処理性能に余裕が欲しければCore i3プロセッサー搭載モデルとなりますが、次に紹介する兄弟モデルのInspiron 14 5000シリーズとも比較するほうがいいでしょう。

複数の構成モデルが用意されていますが、お勧めモデルはやっぱり価格重視でCeleronプロセッサー搭載の「エントリーモデル」。消費税と送料込みで49,980円の価格は、パソコンが値上げ傾向の今、買い得感は高いと思います。

パソコンの用途がインターネットや文書作成などが中心という方は、このInspiron 14 3000シリーズがいい選択です。

Inspiron 14 3000シリーズの主な仕様
ディスプレイ 14.0 インチ Truelife HD ディスプレイ (1366 x 768)
OS Windows 8.1 64ビット
Windows 7 Home Premium 64ビット
CPU インテルR CeleronR プロセッサー 2957U (2M キャッシュ, 1.4GHz)
インテルR PentiumR プロセッサー 3558U (2M キャッシュ, 1.7GHz)
インテルR Core? i3-4030U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.9 GHz)
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3L メモリ(1600MHz)
グラフィックス グラフィックス 4000 (Celeron, Pentiumに内蔵)
グラフィックス 4400 (Core i3に内蔵)
光学ドライブ トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
ハードディスク 500GB SATA HDD 5400回転(Celeron、Pentiumモデル)
1TB SATA HDD 5400回転(Core i3モデル)
保証・サービス 1 年間スタンダードサービスプラン
マカフィーRリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
落下、水濡れ、過電流、盗難に対応する1年間の偶発損害保証
Dropbox 20GB 1年間サービスプラン
販売価格 49,980円~(税込み・配送料込み)

Inspiron 14 5000シリーズ

Inspiron-14-5000-500x280.jpg

Inspiron 14 5000シリーズは、インテルCore i3、Core i5、Core i7プロセッサーを搭載したスタンダードモデル。

ディスプレイはCore i3搭載モデルだけタッチパネルが無く、Core i5、Core i7搭載モデルはタッチパネルのみとなっています。

アルミボディはシルバーが基本色ですが、Core i3搭載モデルにだけレッドも用意されています。光学ドライブは内蔵していないので、DVDやブルーレイディスクを使用するときはUSB接続の光学ドライブが必要となります。

プロセッサーはいずれも2コアですが、1コアで2系統の命令を処理する「ハイパー・スレッディング機能」を搭載。さらにCore i5とCore i7プロセッサーには、処理性能を上昇させる「ターボ・ブースト機能」も装備。これら2つの機能が、その時々に最適なパフォーマンスを発揮してくれます。

各構成モデルの中では、Core i5プロセッサー搭載の「プレミアム・タッチパネル」が、最もコストパフォーマンスに優れていると思います。82,980円(税・送料込み)と手を出しやすい価格で性能も十分。迷ったらこれ、で決められる無難な選択と言えます。

Inspiron 14 5000シリーズの主な仕様
ディスプレイ 14.0 インチ Truelife HD 1366 x 768(Core i3モデル)
14.0 インチ HD タッチパネル 1366 x 768(Core i5、Core i7モデル)
CPU インテルR Core? i3-4030U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.9 GHz)
インテルR Core? i5-4210U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.7 - 2.7 GHz)
インテルR Core? i7-4510U プロセッサー (4M キャッシュ, 2.0 - 3.1 GHz)
メモリ 4GB (4GBx1) DDR3L 1600MHz(Core i3モデル)
8GB (4GBx2) DDR3L 1600MHz(Core i5、Core i7モデル)
グラフィックス インテルR HD グラフィックス 4400
ハードディスク 500GB SATA ハイブリッドHDD (5400回転、 8GB キャッシュ Core i3モデル)
1TB SATA HDD(5400回転)
保証・サービス 1 年間スタンダードサービスプラン
マカフィーRリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
落下、水濡れ、過電流、盗難に対応する1年間の偶発損害保証
Dropbox 20GB 1年間サービスプラン
販売価格 64,980円~(税込み・配送料込み)

Inspiron 14 7000シリーズ

Inspiron-14-7000-500x260.jpg

Inspiron 14 7000シリーズは、厚さ15mm、重さ1.99kg(タッチパネル仕様)の薄型軽量ボディに、約9時間の長いバッテリー時間が特徴。持ち運びやすい14インチ・ノートPCとして人気があるモデルです。

プロセッサーはインテル第4世代Core i3、Core i5、Core i7プロセッサーですが、あとから登場した5000シリーズより1つ古い(下の)グレードとなっています。体感できる処理性能の違いはありませんが、早く5000シリーズと同じにしてほしいところです。

5000シリーズが出た今となっては、ちょっと立ち位置が中途半端になった感があります。表を見比べてわかるとおり、大きく差別化できるほどの違いが無いんですね。それでも1ヶ所上げるとすれば、インテル スマート・レスポンス・テクノロジー対応のハードディスクでしょう。

5000シリーズにも8GBキャッシュを内蔵するハイブリッドHDDが用意されていますが、7000シリーズは32GBのmSSDをキャッシュとしているので、パフォーマンスはこちらのほうが上。プロセッサーの処理性能がほぼ同等ですから、実際の動作スピードはISRT搭載の7000シリーズに軍配が上がります。

また7000シリーズはオールアルミニウムのボディなので、デザイン的な高級感でも勝っています。見た目がカッコいいのは、モバイルPCにとって重要なポイントですね。

Inspiron 14 7000シリーズの主な仕様
ディスプレイ 14.0 インチ Truelife HD ディスプレイ 1366 x 768
14.0 インチ Truelife HD タッチパネルディスプレイ 1366 x 768
OS Windows 8.1 (64ビット)
CPU インテルR Core? i3-4010U プロセッサー (3M キャッシュ、 1.70GHz)
インテルR Core? i5-4200U プロセッサー (3M キャッシュ, 1.6 - 2.6 GHz)
インテルR Core? i7-4500U プロセッサー (4M キャッシュ, 1.8 - 3.0 GHz)
メモリ 4GB DDR3L 1600MHz(Core i3モデル)
6GB DDR3L 1600MHz(Core i5モデル)
8GB DDR3L 1600MHz(Core i7モデル)
ハードディスク 500GB SATA HDD 5400回転(Core i3モデル)
500GB SATA HDD 5400回転) + 32GB mSATA SSD(Core i5、Core i7モデル)
グラフィックス インテルR HD グラフィックス 4400
保証・サービス 1 年間スタンダードサービスプラン
マカフィーRリブセーフ (12ヶ月間更新サービス)
落下、水濡れ、過電流、盗難に対応する1年間の偶発損害保証
販売価格 72,979円~(税込み・配送料込み)

※デルは毎週キャンペーンが行われているため、最新の価格や仕様は、下記リンクからご確認ください。

デル株式会社