LuvBook Lシリーズは、SSDの速さが魅力の14型Ultrabook

マウスコンピューターのLuvBook L シリーズは、14インチ画面のUltrabook。インテル第4世代Core i7プロセッサーとSSDを標準搭載し、ストレスのない動作が魅力です。

LuvBook-L-550x293.jpg

長いあいだメインで使える十分なスペックが魅力!

LuvBook Lシリーズは14型タッチディスプレイを持つ、軽量薄型のUltrabookモデル。15.6インチのノートPCが多いので中途半端なサイズに思われるかもしれませんが、屋内外を問わずに使えるオールマイティーなサイズです。

ここではLuvBook Lシリーズの中でも、最も売れ筋となる「LB-L471X」の主な特徴について見ていきます。

LuvBook L LB-L471Xの主な仕様
ディスプレイ 14.0型 HD+ 液晶 (10点マルチタッチパネル 1,600x900)
OS Windows 8.1 64ビット
プロセッサー インテル 第4世代 Core i7-4500U プロセッサー
(2コア・4スレッド、1.8 - 3.0GHz、4MBキャッシュ)
メモリ 8GB×1 DDR3L SO-DIMM PC3-12800
グラフィックス インテル HD グラフィックス 4400 (200 - 1100MHz)
ストレージ 256GB mSATA
ネットワーク インテル Dual Band Wireless-AC 7260 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n)
Bluetooth V4.0 + LE 準拠モジュール
10/100/1000BASE-T GigaBit-Ethernet LAN
重量 約1.81kg
販売価格 109,800円 (税別)

使い勝手が改良されたWindows 8.1

LuvBook Lシリーズは、標準でWindows 8.1を搭載。7000円の追加になりますが、オプションでWindows 8.1 Proを選択することもできます。

iconicon

なにかと不評の多かったWindows 8でしたが、ユーザーからのフィードバックを取り入れた8.1にマイナーチェンジが行われ、使い勝手が改善されています。今まで敬遠してきた方も、そろそろ新しいWindowsを試してみるにはいいころかもしれません。

※Windows 8から8.1へ、どこがどう変わったのか?は、右の画像からご覧ください。

省エネと表示性能が向上した第4世代Core i7プロセッサー

4gen-Core-i7-w100.jpg

インテル Core i7-4500U プロセッサーは、ラインナップの中でも省エネを重視したモデル。通常は1.8GHzと低いクロック数ですが、負荷が高まると3.0GHzに上昇するので、ムダな電力消費を抑えつつ、必要に応じて十分な処理性能を発揮してくれます。

画面への表示を受け持つグラフィックス機能は、Core i7-4500U プロセッサーに内蔵されたインテル HD グラフィックス 4400のみ。これも必要に応じてGPUクロックが200から1100MHzに上昇するので、デジカメやビデオの編集やなどに威力を発揮します。

ここ数年のプロセッサーは、CPUコアの性能に大きな進化はありませんが、消費電力の削減と内蔵グラフィックスの向上が大きなトレンドになっています。

高速な読み書きが魅力のSSDを標準搭載

プロセッサーの性能が頭打ちぎみの中で、PCのスピードアップ・アイテムとして注目されているのがSSDです。

SSDはフラッシュメモリを使った記憶装置なので、Windowsの起動からアプリケーションの動作など、システム全体がハードディスクよりもはるかに高速に動きます。一度SSDの速さに慣れてしまうと、二度とハードディスクには戻れなくなります。

LuvBook L (LB-L471X)は、標準で256GB SSDを搭載。大容量のハードディスクに慣れた感覚では少ないと感じるでしょうが、外付けハードディスクやクラウドサービスを併用することで十分な容量と言えます。

もし、もっと大きな容量が必要であれば、オプションから最大1GBのSSDを選ぶこともできます。

充実とは言えないけれど、必要十分なポート類

iconicon

LuvBook Lシリーズは薄型ボディと引き換えに、ポート類は必要最小限に限られています。

サイド部分にはUSB 3.0x2、USB 2.0x1、HDMI、カードリーダーに加えて、有線LANポートを装備。けして多いとは言えませんが、なにが足りないということもなく、十分な機能は備わっていると思います。

最近は周辺機器もWi-FiやBluetoothで接続できるので、実用上は問題になることはないでしょう。


LuvBook Lシリーズは4つのグレードがラインナップしていますが、基本構成は共通でメモリとSSDの容量の違いのみです。

iconicon

今回紹介したLB-L471Xというグレードは下から2番目ですが、マウスコンピューターのノートPCの中でも、現在(ページ作成時点)売り上げNo.1の人気モデルとなっています。

これより低価格なノートPCもたくさんありますが、長く使える十分なスペックを考えると、むしろ買い得感は高いモデルだと思います。特にWindows XPからの買い替えユーザーには、注目して欲しい一台です。

※掲載の内容や価格はページ作成時のもので、予告なく変更される場合があります。最新の情報は下記リンクからマウスコンピューターの公式サイトでご覧ください。