Dell Inspiron 23 5000は、実用性と処理性能を重視に方向転換

投稿日:

Dell Inspiron 23 5000シリーズは、画像や映像の編集に適した23インチのディスプレイ一体型デスクトップPC。

インテルの第4世代 Core i クアッドコア・プロセッサーとAMDグラフィックスを搭載。さらに編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 12」と「Adobe Premiere Elements 12」がバンドルされています。

Inspiron-23-5000-550x365.jpg

ここではInspiron 23 5000シリーズの特徴を、旧モデルのInspiron 23 7000シリーズとの比較を交えながら見ていきます。

新旧のDell Inspiron 23 シリーズを比較

まずは新しいInspiron 23 5000シリーズが旧モデルの7000シリーズからどう変わったのか?わかりやすくするために、主要な構成内容を一覧で比較してみました。

Inspiron 23 70000Inspiron 23 5000
発売日 2013年9月30日 2014年4月18日
※画像はクリックで拡大します。 Inspiron-23-7000-200x108.jpg Inspiron-23-5000-200x140.jpg
ディスプレイ 23インチ フルHD 光沢 タッチパネル (1920 x 1080) 23 インチ 非光沢 フルHD タッチパネル (1920x1080)
OS Windows 8.1 64ビット Windows 8.1 64ビット
プロセッサー 第4世代インテル Core i5-4200M
(2コア・4スレッド、2.5 - 3.1GHz、3MBキャッシュ)
第4世代インテル Core i7-4700MQ
(4コア・8スレッド、2.4 - 3.4GHz、6MBキャッシュ)
第4世代インテル Core i5-4440s
(4コア・4スレッド、2.8 - 3.3GHz、6MBキャッシュ)
第4世代インテル Core i7-4770s
(4コア・8スレッド、3.1 - 3.9GHz、8MBキャッシュ)
チップセット インテル HM87 Express インテル H87 Express
メモリ 8GB DDR3 (1600MHz) - 2 DIMMs
12GB DDR3 (1600MHz) - 2 DIMMs
8GB (4GBx2) DDR3 (1600MHz)
ハードディスク 1TB SATA HDD + インテル SRT 32GB SSD キャッシュ 1TB SATA HDD
グラフィックス AMD Radeon HD 8690A (2GB GDDR5) AMD Radeon R7 A265 (2GB DDR3)
光学ドライブ 外付けトレイロードDVD スーパーマルチドライブ トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
トレイロードブルーレイコンボドライブ
寸法 高さ:348mm
横幅:569mm
奥行:26.5mm
高さ:386mm
横幅:574mm
奥行:74.4mm
※構成内容はページ作成時のものです。予告なく変更される場合があるので、最新の情報はDell Inspiron 23 5000シリーズ(デル公式サイト)でご覧ください。

Inspiron 23 5000シリーズは、実用的な性能を重視

旧モデルのInspiron 23 7000シリーズは、ビックリするほど極薄なデザインが目を引きましたが、新5000シリーズでは、ふつうの厚みをもたせたボディに変更されました。その理由は、デザインより処理性能を優先したためと思われます。

旧7000シリーズは薄型ボディに収めるために、ノートPCと同じモバイル用のパーツを使っていました。モバイル用のパーツは省エネ性能を最優先にしているため、処理性能はデスクトップ用より劣ります。

4gen-Core-i5-100x133.jpg 4gen-Core-i7-w100.jpg

そこで新しい5000シリーズは、処理性能に優れるデスクトップ用のインテル第4世代Coreプロセッサーを搭載。

いずれも状況に応じてCPUクロックが上昇する「ターボ・ブースト機能」を内蔵。さらにCore i7プロセッサーは、1つのコアで2系統の処理ができる「ハイパー・スレッディング機能」も装備しています。

このためデータ量の大きなデジカメ画像やビデオ映像を細分化し、効率的に並列処理することが可能です。

また旧7000シリーズは薄過ぎて光学ドライブが内蔵できませんでしたが、新5000シリーズではふつうに光学ドライブが内蔵されているので、編集した作品をダイレクトにディスクへ書き出すことができます。

逆に旧7000シリーズより後退した部分もあります。

5000シリーズはメモリ容量が標準で8GBまでしか搭載されず、しかも4GBx2なので、2つしかないメモリスロットが塞がれている状態。もし8GBメモリにするには、標準メモリを取り外して増設することになります。せめて8GBの1モジュールにしてほしかったところです。

またストレージも7000シリーズのインテル スマート・レスポンス・テクノロジーが廃止され、ふつうのハードディスクが搭載されています。

とは言え、Inspiron 23 5000シリーズの立ち位置は、そこまでハイスペックを目指したものではないので、実用上は不満を感じることはないでしょう。

Inspiron-23-5000-200x165.jpg

むしろ旧7000シリーズがムダにデザイン重視で使い勝手を損ない、しかも高価格になってしまったので、今度の5000シリーズは実用的な機能と価格に戻ってくれたのは、歓迎できる方向転換だと思います。

このページを作成している時点で、Inspiron 23 5000シリーズの価格は、Core i5プロセッサー搭載の「プレミアム・タッチパネル」が134,980円。Core i7プロセッサー搭載の「プラチナ・タッチパネル」が149,980円となっています。

※デルは毎週更新されるキャンペーンで価格や内容が変更されますので、最新情報は下記リンクからデルの公式サイトでご確認ください。