HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)動画時代の格安ノートPC

投稿日:

HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)は、AMD社のプロセッサーを搭載する15.6インチ画面のノートパソコン。低価格でゲームもプレイできる高い表示性能が特徴です。

ここでは異なるプロセッサーを搭載するPavilion 15-n200(AMDモデル)の2タイプ、それぞれの特徴を紹介しています。

HP-Pavilion-15-n200-AMD-365x292.jpg

高い表示性能が魅力の
HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)

グラフィックスメーカーでもあるAMDならではの高い表示性能

HP Pavilion 15-n200シリーズには、このサイトで先に紹介したインテル・プロセッサーを搭載するモデルと、ここで取り上げるAMDプロセッサー搭載モデルがあります。

Radeon-Logo-w100.jpg

インテルは知っていても、AMDという名前は知らない方も多いかもしれません。AMDはインテルと同様にプロセッサーを開発・製造する半導体メーカーですが、同時に『Radeon』ブランドで知られるグラフィックス・チップのメーカーでもあります。

AMDプロセッサーを搭載するパソコンの特徴は、大きく2つあります。

ひとつは価格の安さ。
AMDはインテルに対抗するため、競合するプロセッサーの価格をインテル製品よりも安く設定しています。そのため同じくらいの性能なら、AMDプロセッサーを搭載するパソコンのほうが低価格で購入できます。

もうひとつは表示性能の高さです。
前述したように、AMDはパソコンの表示機能(グラフィックス)を開発・製造するメーカーでもあるので、表示性能の高さに定評があります。CPU自体の性能はインテルのほうが優れていますが、表示性能については、未だにAMDのほうが勝っています。

これらの特徴はHP Pavilion 15-n200(AMDモデル)にも当てはまり、下位グレードのスタンダードモデルでさえ、プロセッサーに内蔵されたグラフィックス機能だけで、シューティングゲームがプレイできるほどです。

上の動画はAMD A4-5000 APUを搭載するパソコンで『Battlefield 3』というゲームをプレイしている様子です。ご覧のとおり、かなり激しい動きでもスムーズに描写されているのがわかります。

正直なところ、ゲームに使うならもっとハイグレードなパソコンのほうがいいと思いますが、インターネットで動画を観たり、スマートフォンで撮ったビデオの編集くらいなら、スタンダードモデルでも十分です。

HP Pavilion 15-n200(スタンダードモデル)の主な仕様
ディスプレイ 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
OS Windows 8.1 64bit ※標準
Windows 8.1Pro 64bit
プロセッサー AMD A4-5000 APU (1.50GHz, 4コア、2MBキャッシュ)
メモリ 4GB (4GB×1)DDR3L-1600MHz ※標準
8GB(4GB+4GB) DDR3L-1600MHz
12GB(4GB+8GB) DDR3L-1600MHz
ストレージ 500GB ハードドライブ (5400回転)
グラフィックス AMD Radeon? HD 8330 (プロセッサー内臓)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
内蔵LAN(10/100)
バッテリー リチウムイオンバッテリ (4セル)
長所 内臓タイプとは思えないグラフィックス性能
短所 CPUクロックがスマホ以下
価格45,990円のところ、39,900円(※おひとり様1台まで)

スタンダードモデルを、もう少しパワーアップしたのが、AMD A6-5200 APUを搭載するパフォーマンスモデル。

グラフィックス機能には別体式の「AMD Radeon? HD 8670M」を搭載しているので、スタンダードモデルよりも高い表示性能となっています。

CPUクロックも2.0GHzと、スタンダードモデルのA4-5000 APUより500MHz高くなっているので、多少は処理性能に余裕が出ています。

ただ、スタンダードモデルより1万円高い価格に見合うコストパフォーマンスがあるかというと、若干疑問に感じます。それでも49,800円のキャンペーン価格のあいだなら、こちらを選ぶほうがいいかもしれません。

HP Pavilion 15-n200(パフォーマンスモデル)の主な仕様
ディスプレイ 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
OS Windows 8.1 64bit ※標準
Windows 8.1Pro 64bit
プロセッサー AMD A6-5200 APU (2.0GHz, 4コア、2MBキャッシュ)
メモリ 4GB (4GB×1)DDR3L-1600MHz ※標準
8GB(4GB+4GB) DDR3L-1600MHz
12GB(4GB+8GB) DDR3L-1600MHz
ストレージ 1TB ハードディスクドライブ
グラフィックス AMD Radeon? HD 8670M グラフィックス
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0
内蔵LAN(10/100)
バッテリー リチウムイオンバッテリ (4セル)
長所 別体式グラフィックス搭載で、さらに高い表示性能。
短所 スタンダードモデルより1万円高い価格
価格56,070円のところ、49,980円(※おひとり様1台まで)

今回紹介したHP Pavilion 15-n200(AMDモデル)は、スタンダードモデル、パフォーマンスモデルともに、ノートパソコンとしては最も安い価格帯ですが、それでもこれだけ高い表示性能を与えられているのが大きな魅力です。

パソコンの用途の大部分を動画の視聴や編集に使うことが多くなった現在、低価格でも表示性能に余裕があるのは、今どきの用途にマッチした性格付けとなっています。

またHP Pavilion 15-n200(AMDモデル)シリーズはHPのWebサイトで、『500台限定&おひとり様1台まで』キャンペーンが実施されています。Windows XPのサポート終了と消費税アップ前にノートパソコンを伸張する方は、今のうちに下のバナーからどうぞ!

icon icon