m-Book Pは、色鮮やかな表示で映像制作にピッタリのノートPC

マウスコンピューターのm-Book Pシリーズは「NTSC」比 95%対応で、色鮮やかな表示のディスプレイを搭載。ホームビデオから自主制作映画の編集など、本格的に映像制作を行うユーザーに最適です。

m-Book-P-w550.jpg

プロ品質に迫る! 幅広い色域の表示が可能なディスプレイ

これまで、PCのグラフィックス性能を表すときは、動画やゲームの映像がスムーズに表示できれば「高性能」と言えました。しかし近ごろでは、スムーズな表示に加えて、幅広い色合いを表現できることが、新しい「高性能」の条件になってきました。

m-Book P シリーズは 「NTSC」比 95% の15.6インチ・フルHD・ディスプレイを標準搭載。従来の「sRGB」を基準としたディスプレイよりも、非常に広い色域を表示することができます。

「NTSC」というのはアメリカのテレビに関する委員会「National Television Standards Committee」がアナログテレビ用に定めた色域ですが、「NTSC」にどれだけ対応しているかが、高度な映像用ディスプレイの指針にもなっています。

sRGB-NTSC.jpg

上の画像は「NTSC」の色域に対して、一般的なディスプレイとm-Book P シリーズのディスプレイとの、表現可能な色域の違いを比較したものです。

「sRGB」に対応した一般的なディスプレイは、グリーンやレッド方向の色域が特に狭くなっています。対してm-Book Pのディスプレイは、グリーン方向が少し狭いものの、レッド方向は、より広範囲な色域をカバーしています。

ちなみ「NTSC」とほぼ同じ色域をカバーする規格としては、「Adobe RGB」があります。「Adobe RGB」は、どちらかというと、静止画像の制作・編集に適しており、「NTSC」は映像の制作・編集に適していると言えます。

m-Book P シリーズ、その他の機能をチェック!

サウンドにもこだわった、サブウーファー内蔵

優れた表示性能にばかり目が奪われがちなm-Book P シリーズですが、サウンド面も、しっかり奢られています。

m-Book-P-Bottom-w200.jpg

キーボード上部に内蔵するステレオ・スピーカーのほかに、ボディの底部にはサブウーファーも内蔵。上部からステレオで広がる中高音域と、下部から伝わる低音によって、自然な広がりのあるサウンドを響かせてくれます。

さらに多彩なサウンド・イコライジングが可能な、Creative社の「Sound Blaster? X-Fi MB3」を搭載。ジャンルにあわせたベストなサウンドメイキングが可能です。

豊富なポート類を装備

m-Book P シリーズは映像の出力だけでも、IEEE 1394(Appleでは「FireWire」、Sonyでは「i.LINK」という名称)、DisplayPort、Mini DisplayPort、HDMIを装備。

またUSBは、ボディ左側にUSB 3.0を3つ、右側にUSB 2.0を1つ装備しています。

※その他の機能や外観は、m-Book P シリーズ 写真ギャラリーiconを、ご覧ください。

m-Book P シリーズは、4種類のグレードがラインナップ。
さらに、それぞれ柔軟なカスタマイズが可能

2013年6月16日時点で、m-Book P シリーズは149,940円~239,820円(マウスコンピューターのWeb価格)までの4種類のグレードが用意されています。

15.6インチ・フルHD・ディスプレイや「NVIDIAR GeForceR GTX770M」グラフィックスの搭載は共通ですが、CPUのグレードやメモリ容量、ストレージ構成の違いや容量などが異なっています。

4グレードの中で、もっとも価格と構成のバランスがいいのは、上から2番目の「MB-P900X-SH」でしょう。32GBメモリやSSD+HDDのハイブリッドなストレージ構成など、標準のままでも魅力的なスペックが盛り込まれています。

m-Book P「MB-P900X-SH」の主な仕様
※この構成から更にカスタマイズすることができます。
m-Book-P-w150.jpg お買い得度:★★★★★

色鮮やかな表示のディスプレイに加えて、広がりのある豊かなサウンド。処理性能も強力なスペックで、映像の制作・編集ソフトをストレスなく、快適に利用することができます。
ディスプレイ 15.6型 フルHDノングレア液晶(NTSC比 95%カバー / 1,920×1,080)
OS Windows 8 Pro 64ビット
CPU インテルR Core? i7-4800MQ プロセッサー
(4コア/2.70GHz - 3.70GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)
メモリ 32GB PC3-12800 (8GB×4/デュアルチャネル)
ビデオ NVIDIAR GeForceR GTX770M
(3GB/NVIDIAR Optimus?テクノロジ対応)
ストレージ 128GB mSATA SSD
500GB SerialATAII 5400rpm
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
販売価格通常価格 209,790円 のところ、
Web限定価格で199,500円(税込み)
※2013年6月16日時点
価格や構成内容は予告なく変更される場合があります。詳細と最新の情報は、下記リンクからマウスコンピューターのWebサイトでご覧ください。

m-Book P シリーズは、一般的なノートPCに比べると高価格に見えますが、これだけのスペックを盛り込んでの価格設定は、むしろ非常に買い得感の高い内容になっています。

これまで画像制作に適したPCはありましたが、映像制作に適したノートPCとなると、m-Book P シリーズは貴重なポジションにあるモデルかもしれません。

掲載した内容は、キャンペーンによって随時変更される場合があります。
最新の価格や詳細については、下記リンクからマウスコンピューターのWebサイトでご覧ください。