レノボ IdeaPad Y500は、映像とサウンドが自慢のゲーミングPC

レノボ IdeaPad Y500は、映像とサウンドにこだわった15.6インチ画面のゲーミング・ノートPC。

フルHDパネルと「NVIDIA GeForce」グラフィックス、さらに「JBL」のステレオスピーカー搭載で、細部まで鮮やかな映像と臨場感のあるサウンドが楽しめます。

レノボ IdeaPad Y500の主な仕様と特長

レノボ IdeaPad Y500の主な仕様
ディスプレイ 15.6インチ フルHD 光沢液晶ディスプレイ(1920x1080)
OS Windows 8 64bit
プロセッサー インテル Core i7-3630QM プロセッサー
(2.40GHz~最大3.40GHz、キャッシュ:6MB)
メモリ 8.0GB PC3-12800 DDR3 SDRAM 1600MHz
ストレージ 1TB HDD (5400rpm) +16GB SS
(インテル スマート・レスポンス・テクノロジー対応)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT650M 2GB
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
販売価格 110,250円(税込・送料無料)

パワフルな4コア版の第3世代 Core i7 プロセッサー

インテル 第3世代 Core i7 プロセッサー

IdeaPad Y500はCPUに「インテル Core i7-3630QM」プロセッサーを搭載。4つのコアで8系統の命令を処理する「ハイパー・スレッディング」機能を搭載しているので、大きなデータも高速に分散処理することができます。

特にグラフィック系のアプリケーションはマルチスレッドに最適化されたものが多いので、IdeaPad Y500はゲームだけじゃなく、デジカメ画像やホームビデオの編集にもピッタリです。

さらに「ターボ・ブースト」機能によって、CPUクロックは最大3.4GHzまでブーストアップ可能。ゲームやオフィスソフトなど、高いCPUクロックが適したアプリケーションにも対応できます。

高速なシステム動作が得られるハイブリッドなストレージ

ストレージは1TBのハードディスクに加えて16GB SSDを搭載し、「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」に対応しています。

「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」はSSDをハードディスクのキャッシュにすることでメモリとのスピード差を解消し、システムの動作スピードを向上することができます。

また、OSの起動に関するデータは優先的にキャッシュされるので、Windowsの起動時間が短縮されるメリットもあります。

優れた描画性能の「GeForce」グラフィックスを標準搭載

NVIDIA GeForce

ゲーミングPCに欠かせないのが、高性能なグラフィックスカード。リアルな3D映像を描写するには、瞬時に映像を描き出す高い描画性能が必要です。

IdeaPad Y500は「NVIDIA GeForce GT650M」グラフィックスを搭載。爆発シーンや水しぶきなども瞬時に描画できるので、リアルな3Dゲームもスムーズにプレイすることができます。

IdeaPad Y500でゲームソフトを動かしている動画

ゲームも映画もいい音で楽しめる「JBL+Dolby」サウンド

せっかく迫力のあるゲームをプレイしていても、サウンドが貧弱だと興醒めしてしまいます。特にシューティングゲームでは、迫力のある爆発音を楽しみたいですよね。

IdeaPad Y500はキーボードの上部に「JBL」のステレオスピーカーを搭載。銃撃戦や爆発音などをノートPCとは思えない迫力あるサウンドで再生してくれます。

「Dolby Home Theater V4」を使用してアプリケーションによるイコライズも可能なので、ゲームや映画、音楽など、コンテンツに応じたサウンドの調整が可能です。

その他のIdeaPad Y500の特長やクーポンコードは、下記のリンクからご覧ください。