インテル ターボ・ブーストとは

スポンサーリンク

IntelのCore プロセッサーに採用されている「ターボ・ブースト」とは、処理状況に応じてCPUの動作周波数(クロック)を上昇させる機能です。CPUに余裕がある状態のとき、必要な時間だけ一時的に処理速度が上がります。

スポンサーリンク

CPUの設定倍率を変えてクロック数を増幅する手法はオーバークロックと呼ばれ、一部のユーザーの間ではよく知られ行われてきました。但しこの場合はメーカーの設定値を勝手に変更してしまうため、もし不具合が起こっても自己責任(保証対象外)となります。また設定したクロック数は再度変更するまでそのまま固定されるので、常にそのクロック数で動くことになります。

インテル Core プロセッサーで採用されたターボ・ブースト機能は、ユーザー自身が設定を変更しなくても、その時々の状況に応じて自動的にCPUのクロック数を上げたり元に戻したりしてくれます。

どれくらいクロック数がアップするかというのは、各CPUごとに仕様が決められていて、例えば「Intel Core i7 870」の場合は定格のクロック数が2.93GHzですが、ここから133MHz(メガヘルツ)を最小単位として最大で5段階、133MHz×5=665MHz上がり、ブーストされたコア(処理の中核部分)のクロック数は、定格の2.93GHz+665MHz=3.6GHzまでアップします。※CPUの種類によって異なります。

但し最大の5段階までアップするのは、コアが1つだけ動いている状態です。動いているコアが2つに増えると4段階目まで、3つ以上のコアが動いているときは2段階目までという具合に、CPUの状況に応じて余裕の範囲内でブーストされます。

Turbo-Boost.gif

最近のCPUはデュアルコア(2コア)からクアッドコア(4コア)、さらにヘキサコア(6コア)へとマルチコア化が進んでいますが、処理内容によっては1つか2つの少ないコアを高速に動かすほうが速く終わることもあります。ターボ・ブースト機能は、こうした少ないコアで集中して計算するほうが速い場合ほど効果があります。

こうしたCPUのクロック数を自動的にブーストアップさせる技術は、AMD社も「Turbo CORE Technology」(ターボ コア テクノロジー)と称して一部のプロセッサーで採用しています。

グラフィックスもブーストできるようになった「ダイナミック・フリークエンシー」

最近のパソコンはインターネット動画、DVD、ブルーレイなどで高画質な動画を再生したり、HD画質のホームビデオを編集する機会も多くなりました。

となると必要なのが、より強力な表示・描画性能を持ったグラフィックス機能です。むしろ最近のプロセッサーはCPUクロック数よりもグラフィックス性能を重視する傾向が強いかもしれません。

そんなより高いグラフィックス性能へのニーズを受けて、インテル 第2世代 Core プロセッサーでは、CPU内蔵のグラフィックス機能にも「ダイナミック・フリークエンシー」という、ターボ・ブーストと同様の機能が与えられました。

例えばインテル Core i7-2670QM プロセッサーの内蔵グラフィックス機能は、通常の650MHzから最大1.1GHz(1100MHz)までブーストアップが可能になっています。

ダイナミック・フリークエンシーもユーザーが手動で設定する必要はなく、画像や動画の編集のような高いグラフィックス性能が必要なソフトウェアを起動すると、自動的にグラフィックスのクロック数がブーストされます。

iconicon マウスコンピューター LuvBook R 402Sicon

第2世代 Core i5 プロセッサーは、ターボ・ブースト2.0によって2.4GHzから最大3.0GHzまでブーストアップ。さらにAMD Radeon? HD6730Mグラフィックスカードを搭載し、この価格帯のノートパソコンでは突出した表示性能を誇っています。
販売価格:59,850円

スポンサーリンク