アウトルック エクスプレスのバックアップ

メールデータのバックアップ

アウトルック エクスプレスでは、メールの本文のエクスポートは、 アウトルックやエクスチェンジというマイクロソフト製のソフトへの書き出し機能しか用意されていません。

バックアップ目的で保存するには、フォルダを直接コピーすることになります。

メールデータが保存されている場所

Windows98やMeの場合は、

C:\Application Data\Identities\ユーザーコード\Microsoft\Outlook Express

WindowsXPの場合は、

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Identities\ユーザーコード\Microsoft\Outlook Express にあります。

データの場所を確認したら、「スタート」メニューを右クリックして、エクスプローラーを開きます。

アウトルック エクスプレスのフォルダを見つけたら、Ctrlキーを押しながらバックアップを保存するフォルダまたはCDRなどのメディアにドラッグします。

※ Ctrlキーを押しながらドラッグすると、フォルダの移動ではなく「コピー」になります。

スポンサーリンク

アドレス帳のバックアップ

アドレス帳は、アウトルック エクスプレスからエクスポート機能で書き出すことができます。

アウトルック エクスプレスのメニューアイコンから「アドレス」を開きます。

アドレス帳の「ファイル」メニューから「エクスポート」「アドレス帳」 を選び、バックアップフォルダに名前をつけて保存します。

 

スポンサーリンク