08)WindowsとOfficeのアップデート

パソコンのセキュリティを向上させるには、WindowsやOffice製品のアップデートは必ず行ってください。

WindowsなどのOSやアプリケーション・ソフトは、人間が作ったものですから絶対にミスがあります。 作ったときには気づかなかった不具合が、頭のいい悪者にバレて、そこを狙った攻撃を受けるようになります。

アップデートをしないままだと、プログラムの不具合がセキュリティーホール(抜け道)となってしまいます。

それではさっそくWindowsのアップデートを行いましょう。

スポンサーリンク

Windowsのアップデート

インターネット エクスプローラーの「ツール」メニューから 「Windows Update」を選択すると、マイクロソフトの「Windows Update」のページに行くことができます。

このときに表示されるアップデートのページは、お使いのパソコンによって異なる場合があります。Windows Update にはバージョン3から6までがあり、接続されたパソコンに適したページが表示されます。

バージョン4のページでは「更新をスキャンする」 をクリックすると、まだ適用されていない修正プログラムがないかが調査されます。

調査が終わると、お使いのパソコンで利用できる更新プログラムが表示されます。「インストール」ボタンで更新を行ってください。

バージョン5、6では自動更新を有効にしておくと、 いちいちこのページに行かなくてもアップデートをすることができます。

自動更新の設定は、「スタート」メニューから「コントロールパネル」「セキュリティ センター」 と進み、 「自動更新」 を「有効」にします。

Windows Update は、セキュリティ対策の第一歩です。アップデートを怠っていると、 パソコンの不具合を狙ったプログラムに攻撃をされてしまいます。面倒がらずに必ず行ってください。

Office(オフィス)ソフトのアップデート

ワープロに「Word」、表計算に「Excel」を使っている人は、「Office」のアップデートも忘れずにしておきましょう。

Windows Updateのページから、「Officeファミリ」や「Officeのアップデート」 をクリックしてワードやエクセルのアップデートを行うことができます。

Officeソフトをアップデートするときに、「Microsoft Office」のCD-ROMを要求されることがあるので、 用意しておきましょう。

Windows のアップデートは行っていても、Officeソフトのアップデートは忘れる人が多いようです。 どちらも常に最新の状態にしておくべきです。

 

追記:
お使いのパソコンで「Microsoft Update」と表示されている場合があります。

「Microsoft Update」は、Windows UpdateとOffice Updateを1つのWebサイトで同時に行えるアップデートシステムです。

但し、該当するOfficeのバージョンは2003、XPとなっています。

総合ウイルス対策

スポンサーリンク